FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

薬について

高齢になるにつれ薬の数は増えていくものです。
新聞である老人ホームに暮らす80代女性の記事が掲載されていました。その方は、老人ホームを利用するまで18種類の薬を服用していました。入居後、しばらくの間は殆ど寝たきりの状態だったので、薬剤師の提案で1年かけて10種類まで減薬したそうです。結果として日中はベッドから起き上がれる様になり、今では部屋の掃除も出来る様になったみたいです。

高齢者の薬ですが、厚労省調べでは65~74歳までの13.2%が7種類以上服用、75歳以上になるとその数が24.2%まで上がります。ちなみに65~74歳の約3割、75歳以上の約4割の人が5種類以上の薬を服薬しています。高齢になるほど肝臓、腎臓の機能が落ち、代謝や排泄に時間がかかるため、薬は凄く効きやすくなります。そのぶんの副作用のリスクも高くなります。リスクが高くなると食欲低下、ふらつき、転倒なども増えていきます。
18年度から、6種類以上の内服薬が処方されている患者に対して、薬剤師が医師に減薬を提案し、2種類以上の減薬につながれば、月1回の調剤報酬も得られます。薬剤費用も抑える事ができ、本人の体も上向きになれば私も良いと思います。
やはり、かかりつけの病院、薬局(薬剤師)を決めて、お薬手帳も1冊に必ずまとめると薬も把握しやすいです。

COMMENT

No title

もう10年以上前のことになりますが、
週3回通院する義母を病院に連れて行くようになり
処方される薬の多さにビックリし、先生になんの薬なのか
説明してもらったことがあるのですが
(薬の説明書はあるので見ればわかるのですが)
説明を聞きながらこの薬はなくても良いのでは?と言うと
その時肝臓の薬と他にも何の薬だったか忘れましたが
3種類やめて様子をみましょうと言ってくださいました。
結局やめたまま飲まなくても良くなったのですが
その後、認知症の薬が加わりました。
義母と話をすると薬を飲んだ方が落ち着くようでしたが
飲まなくて良い薬はやめようねって話しましたよ。
今、ふと懐かしく思い出しました。

dori様

コメント有難うございます。

週3回の通院ですか・・・
連れていく側も大変ですよね。
仰る様に年齢に伴って処方される薬も多くなりますが、既往歴に限らず現病歴で考えた場合、
そこまで本当に薬は必要か?と思う事もあります。逆に多くの処方により体にも負担がかかります。
また、薬を自己管理できずに特に独居の方、自宅にどんどん飲み切ってない薬も増えていきます。
医療費も莫大になっているので、何らかの対策が急務ですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク