FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

我が家のクワカブ

お約束通り今日は、我が家のクワカブを紹介します。
施設ブログと全く無関係な事をお詫びします(でも昨日の記事からの流れなので)
そして、カブト虫など苦手な方は、閲覧ご遠慮下さい・・・

我が家は、玄関を開けると直ぐにこんな感じでクワカブがいます。
お客さんなど来たらビックリすると思いますが、大丈夫です!家には誰も上げた事がないし、その前に来客は皆無に等しいですから・笑
009_201806251529325fe.jpg

こちらは、国内でも人気がある『ニジイロクワガタ』です。名前の通りニジイロにピカピカと輝いています。原産はオーストラリアで、現在は輸出等は禁止されているので、国内のブリーダーが増やして現在に至ります。ニジイロですが、中にはブラック、青系、赤系、スーパーグリーン系などの単色が高い値段で取引きされています。写真は55ミリなので標準サイズですね。
001_201806251529334df.jpg

カブト虫ファンなら誰でも知っているであろう『ヘラクレス』です。世界のカブト虫でNO1の大きさを誇り人気がありあます。中南米に生息しており、こちらも輸出不可なので国内ブリードです。写真は130ミリなので小型です。
002_201806251529341ff.jpg

こちらは羽化して1ヶ月くらいなので、まだ後食もなしでジッとしています。体調は150ミリなので、平均的なサイズですね。体調が160ミリ、170ミリ超えなどは高値で取引きされています。
003_20180625152936686.jpg

先日紹介したラキューでヘラクレスを作成~!!
DSC_0291.jpg

こちらは『アトラスオオカブト』です。フィリピンやインドネシアなどに生息しています。ホームセンター等でも簡単に手に入ります。とにかく気が荒くケンカ早いです。蓋を開けると直ぐに戦闘態勢に入りますよ。うちの末っ子が名前を『ゴロウ』と名付けました。
004_201806251529376c6.jpg

ヘラクレスのメスですが、子供達の間では『フンころがし』と呼ばれています・笑
005_20180625152939ead.jpg

プリンカップの中には、ニジイロの二令幼虫が日々育っています。
006_20180625152940c47.jpg

このボトルは、菌糸が入っています。カブトとクワガタは食べるものが違います。菌糸はクワガタの大好物でケースの中に投入しておくと大きく育ちます。種類も豊富で私はラッシュを愛用しています。ちなみにカブト虫は、二次発酵させたマット(土)で育てます。金額を考えるとクワガタも一次発酵のマットを使用しても良いのですが、拘っている私は菌糸を使用します。
007_2018062515294273e.jpg
他にも国産のクワガタも飼っています。今回は、すごく簡単に紹介しました。熱く語っても良いのですが、文章が長くなりとんでもない事になります。その前に読者の皆さんあまり興味がないと思うので(´∀`*)
今、長男&末っ子(次男)にクワカブについてレクチャー?!している最中です。そして、虫嫌いの奥さんだったら絶対に家ではこんな事は出来ないでしょう。あ~うちの奥様は、虫に限らず何でも理解力があるので助かっています(^∇^)

COMMENT

感心しきりです

素晴らしいコレクションですね。バラを育て、昆虫を観察する芽吹さんの元で育つお子達。なんにつけ豊かな観察眼を養うことでしょう。将来が楽しみです。

>うちの奥様は、虫に限らず何でも理解力があるので……

(*′☉.̫☉)えっ?‥‥芽吹さんって、男性なんですか?
それともジョーク?

No title

こんにちは!
夢のあるご趣味をお持ちですね♪
仙北で育った子供の頃は、蜜も使わずにクワカブ捕りをしていました。
最近、毎日豆かん(蜜豆)を食べています。
だんだんカブトムシに近づいている…とは家内の評。
◆ダイエット目指すは鍬形虫と甲虫/むく

風子様

風子さん、コメント有難うございます。

他の方に比べたら趣味は少ない方でしょう。
数少ない趣味だからこそ凝ってしまうところもありますが・笑
子供達は自然を感じながら育っているので、良い環境だと思います。
特に末っ子は、大の昆虫好きで季節関係なく朝から晩まで虫捕りで大変です。

風子さん私(←この表現がいけない)男性です・笑
大丈夫です、風子さんだけじゃなく以前にも数名の方が、同様に思ってたので。
でもしばらく振りに言われました・笑
多分、バラなどが趣味だからそう思われたのでしょうね。
どちらかと言うと、機械や物づくりなど男性が得意とする事は苦手です。
ですので、妻ももちろんバラも育てますが、他の花も沢山育てており、
自分の場合は、専らバラ専門って感じです。

では、ここまで言ったのでちょっとPR
私の三大趣味として
①バラ
②楽天イーグルス
③クワ&カブ

一眼レフなどもやりますが、3つの趣味の補助的なツールです。

むく様

むくさん、コメント有難うございます。

小さい頃からクワカブ育てるのが好きでやっていました。
今は、末っ子が昆虫好きなので一緒にやっています。

昔は、クワカブもいっぱいいましたが、数は減少していますね。
小さい頃によく行っていた、穴場の木は蹴飛ばしただけで、
ボタボタと嘘の様にクワカブが落ちて来ました。

仙北の方にもいっぱいいたのですね。
豆缶も確かに美味しいです。
自分も甘党ですが、最近は控えています。
ダイエットされるのですか?
時には甘いものもご褒美として食べて下さいね。

No title

こんにちは。

結構な数のカブクワちゃんがいるのですね…。
甲虫がお好きなのですね。
今は生き物の輸出入にはかなり厳しいでしょうから、やはり国内ブリードなのですな…。
そんな個体でも野山に放つとえらい事になっちゃいますよね。管理が大変そうです。

国外の種類の生態には疎いですが、子供の頃幼虫を育てていた時期がありました。
確かにカブトとクワでは幼虫の食べるものがちょっと違いますよね。
カブトの方は飼育も楽でしたが、クワガタは結構難しかった記憶があります。
ちなみに成虫になるまで育てたら、全て山にかえしてました。

そういえばうちに1つだけ昆虫の標本があります。
どこかで貰ったものだと思うのですがよく覚えていなくて。( ̄▽ ̄;)
現在は手厚く保護されている大きなトリバネアゲハの標本です…。

いぬふりゃ☆様

いぬふりゃ☆さん、コメント有難うございます。

恐らくいぬふりゃ☆さんからコメ来るかなぁ~と思っていました・笑
元々私も幼少の頃から昆虫、動物などの生き物が好きで色々飼っていました。
先日、コメした様にお別れの時が悲しいので、それ以降何も飼っていません。
ただ、末っ子が動物にはあまり興味はないですが、昆虫マニアなのです。
まだ園児なのですが、朝から晩まで昆虫採取を・・・
と言う事で、クワカブなら得意なので、今一緒に育てています。

仰る様に昆虫の輸出入は、かなり規制が掛かっていますね。
もちろん、本来日本にいるはずがない、外国産のクワカブなので、
こんなの日本の自然界に放したら、生態系が乱れて怖ろしい事になります。
ですから、自分が管理出来る範囲で最期まで、責任持って飼います。
メダカなんかもどんどん改良されて、飼いきれなくなって自然に放す。
だから、日本本来の黒メダカも激減しています。
まぁ他の外来種などの動物を自然界に放す輩もいるから困ったものです。

いぬふりゃ☆さんも幼虫育てていましたか。
大体男子はやるんじゃないでしょうか。
でも、今の都会っ子はしないのかな。
確かに種類にもよりますが、クワガタの方が面倒ですね。
クワカブ両方とも同じものを食べてくれると、お金とスペースが助かりますが・・・

なんと、トリバネアゲハの標本ですかぁ?
それまた珍しいものをお持ちですね。
どんなルートだったのでしょう。
では、今度プラモ記事の間にでもアップして下さい・笑

No title

芽吹さん、こんにちは。
クワカブと略して呼ぶことを知らず、何か植物のカブかと思いました(^◇^;)
(私は男兄弟がおらず、お子も娘なもので〜)
バラに続き、素晴らしいコレクションですね。
私は虫が苦手ですが^^;理解力のある器の大きな奥様、ステキです!!

lchi様

lchiさん、コメント有り難うございます。

失礼ですが、大笑いしました(^-^)
確かにそうですよね、そこ略されても新品種のカブだと思いますよね。
lchiさんは、周囲も女性陣なのですね。
華やかな中で育ったのでしょう。

昔から好きで、更に末っ子が昆虫大好きなので、卵からの育て方をレクチャーしています。バラと一緒で意外と手が掛かります。むしろバラより大変かなぁ…汗
せせらぎのバラ園も今日一生懸命、草むしりと肥料やりをしました。

うちの妻は、何でも理解力があるので、子供も私も?!大きく育っています(笑)

No title

こんにちは~。

さすがですね~このエリアスゴイ!

私は、兄と弟の間に育ったので…
子どものころは、クワカブ飼ってましたよ。
カブトムシは結構(幼虫の)冬越ししてた記憶があります。
あと、ザリガニも1年中飼って何回も脱皮させましたよ(笑)
もちろん、クワカブもザリガニも触るのは全然平気ヾ(≧▽≦)ノ現在は…女の子ばかりの家なので…
金魚だけは飼っています。
あ、この世話・手入れはすべて私です…

No title

おはようございます★
素晴らしいコレクションに目が釘付けになりました(@▽@)…!
バラの他にもこんなにすごいご趣味をお持ちなんですね!
正体不明の虫は怖いですが、こうした名の知れた昆虫はかっこいいです。
虫さんたちの食糧といったらホムセンでよく見る昆虫ゼリーしか知らなかった(笑)ので、
菌糸まで栽培されていることに驚きました。。。
少し前のユリの花もステキでしたがニジイロクワガタも美しいですね(*'ω'*)!

No title

こんにちは。

芽吹さんの趣味に脱帽です。
初めて見るものばかりです。
こんなに綺麗な虹色のクワガタいるのですね〜。
きっと、幼少の頃から続いているのですね。
素晴らしいです。(宝物ですよね)


ひょっとして、名前とかつけているのですか?

No title

こんにちは

クワカブってクワガタとカブトムシを略したものだったのですか\(◎o◎)/!

こちらも日韓WCの会場近くはカブトムシの宝庫で、むかーし息子が早朝から採取しに友達と行っていたのが懐かしいです。
私の職場も自然いっぱいの所にあるので、夜になると街灯にカブトムシが集まってきているみたいです。

それにしても芽吹さん、本格的に色々な事されていて凄いですv-91

それから…芽吹さんの奥様が私のブログをご覧いただいているようで、嬉しいです。
が、少々ずぼらなところがあり、毎日更新できませんが、今後励みに頑張ろうと思います(笑)

No title

こんにちは。
カブトムシとクワガタは、男性は好きですよねぇ。
クワガタのメスなんかは、なんの魅力も感じないどころか
とろくさいゴキにしか見えないので、ひっぱたいてしまいそう(笑)
僕は、カミキリムシなんかを見つけると「おお~!!」と
見入ってしまいます。
昆虫を飼おうとは思いませんが、我が家には、いろいろな
昆虫? が居ます。出て行ってほしい(笑)

ルノー様

ルノーさん、コメント有難うございます。

スペシャルエリアになります。
冬になると更に別バージョンを準備します(外国産は寒さに弱いので・・・)
男兄弟がいると確かに影響が大きいですよね。
ちょうどうちの子供とルノーさん同じ環境で育っています。
カブトもザリガニもさすがです!!
ルノーさんどんなジャンルも付いて来れますね・笑
そして触れるのも平気なら、何も恐れるものは無いですね。

金魚いるんですね、水もんは手入れが何気に大変。
メダカを増やした時に実感しています。
メダカもいっぱい種類がいて面白いですよ~

雪愛様

雪愛さん、コメント有難うございます。

末っ子が生き物大好きなので、お付き合いしています。
とは言えほぼ私が飼育していますが・・・
小さい頃から既に色んな生き物を育てていたので、得意分野になります。
バラもそうですが、地道にコツコツと作業するのが好きですね。
特に外国産のクワカブは、成虫なら難しくないのですが、卵から羽化まで
温度や湿度、エサなど色々気を付けなくちゃいけないポイントがあります。
そう考えるとバラの方が全然簡単かな。

エサもいっぱい種類がありますよ~
昆虫ゼリーもタンパクが強い物、ビタミンが強い物、硬め軟らかめ量など
考えるとビックリするくらいの種類が。
菌糸は栽培している訳ではなく、クワガタの餌になります。
これも、キノコ菌の種類が豊富で、高温に強いものなど色々・・・
ボトルの大きさも色々あり、数や種類にタイミングなど考慮しながら
頭の中でシュミレーションします。

ニジイロは色々とあり、ノーマルはニジイロですが、スーパーグリーンや
青系、藍系、レッド系など人気があります。
今は、スーパーグリーンと藍系を出すように頑張っています・笑

agriotome様

agriotomeさん、コメント有難うございます。

初めて見るものばかりですか?
好きな人の間ではこれはノーマル系ですね。
とは言え人気はありますが。
世の中もっと多くの種類を育てている人たちも・・・
スペースを考えると今くらいが丁度良いです。
現時点で幼虫も30匹、そして産卵もしているので、もう限界ですが・笑

幼少の頃から凝ると止まらなくなるので、ずーと離れていましたが、
末っ子に色々とレクチャーしたくなり、最近はこんな調子です。
ニジイロは、当たる光の角度によって様々な色を発します。
私は名前を付けていませんが、子供たちが勝手に色々付けていますね。

そらママ様

そらママさん、コメント有難うございます。

クワカブは略しています。ショップなんかも〇〇クワカブなんて所もありますね。
そちらの方も昆虫類は多いでしょうね。
そうそう、街灯に夜間集まってくるので、私も子供の頃よく採取しに行っていました。
お子さんも採取していたのですね、やはり男の子の登竜門?!でしょうか。
当施設も周りが山なので、施設の明かりをめがけて夜間結構飛んで来ますよ。

ルノーさん宅のコメ見た様ですね。
そうなんです、うちの妻も御三家のブログをブックマークして日々読んでいる様です。
皆さん身近な人なので、読んでいて面白いと思います。
毎日更新しなくても大丈夫ですよ~ブログは自分のタイミングで自由に発信して頂ければ。

バケツ様

バケツさん、コメント有難うございます。

クワカブは、男子の憧れでもあり大抵の人は子供の頃、採取したのでは?
確かにクワガタのメスは、全部同じように見えます。
どれが、ノコギリ、コクワ、オオクワ、ミヤマ?!と言う様に図鑑と見比べても
よく分かりません・笑
でも、あのどん臭い所が可愛いんですよ~叩いちゃダメですよ。

カミキリムシですね、異様にキィーキィーと鳴きますが、色んな種類がいますね。
末っ子もこの前捕まえて来ましたね。
バケツさんちに昆虫ですか?もしかするとそれは飛びますか・笑
都会の方は多いと伺います。なぜか田舎は逆にいませんよ。
ただカメムシが結構な頻度でやって来るので厄介ですが。

わぁっ

すごいっ。
カブトとクワガタは男の子の夢ですよね。
本格的に飼育なさってるんですね。
わくわくしちゃいます。
奥様のご理解も素敵ですね。
お花や虫さんを真剣に育てて
いらっしゃる芽吹様だからこそ
生き物を大切にひいては
施設や皆さんのコトを
優しく導けるのですね。

お邪魔させていただいております!

お写真や文書から、芽吹さんの、カブトムシへの愛情の深さを感じました(*^^*)
ニジイロクワガタ、とてもキレイですね。
名前の通り、虹色に輝いています。

自分の好きなものを「理解」してもらえるのは、とても嬉しいことですね。
改めて、感じます(*´`*)

MM様

MMさん、コメント有り難うございます。

仰る様に男子のロマン?!でしょうか(笑)
小学生の頃によく色んな昆虫を育てていましたよ~今は、息子に専らレクチャーしながら、一緒に楽しんでいます。
バラは、ここまで手が掛かりませんが、クワカブは、温度や湿度の管理が凄く細かいので、日々チェックしています。
お褒めの言葉の数々、いつも有り難うございます(^-^)

まー様

まーさん、コメント有り難うございます。

愛好家の中では、数が少ない方ですが、この種類に絞って自分が管理できる範囲で育てています。ニジイロクワガタ綺麗ですよね。子供達の間でも人気があります。ヘラクレスなんかは力が物凄いので、子供は扱えません。素手で触ったら大変な事になります(>_<)

うちの妻は寛容で理解力があるので、いつも助かっています(^-^)

No title

どのクワガタもカブトムシも立派ですねー\(^o^)/
小学生の頃までクワガタとかカブトムシ飼ってたので、
思わず童心に帰って目をキラキラさせながら見入ってしまいました。
こういってはなんですけど、自分はホームの話よりも芽吹さんのお宅の話に興味がありますかねー。
週一か月一で芽吹さんのお宅の記事もシリーズ化希望です\(^o^)/

ponch様

ポンチさん、コメント有難うございます。

ポンチさんも子供の頃クワカブ飼っていたのですね~
仰る様に私も童心に返り、いつも目を輝かせながら世話していますよ・笑
うちの話に興味がありですか?
これと言ったネタはありませんよ~

多分私的な記事が増えると、遠く脱線するので、益々施設とかけ離れます・笑
今回の様に施設ネタと紐付ける内容であれば、たまに記事にしますね。

うは~!

憧れますね~!
家に帰って楽しみがあるって大事ですよね!

ライト様

ライトさん、コメント有難うございます。

何でもそうですが、楽しみがある事は、色んな活力へと繋がります。
日々、子供達も楽しんでいるので、コミュニケーションも取れます。
管理が結構大変ですが、今後も出来る範囲で楽しみます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク