FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

・・・とある休日

今回は主任の有本が担当します。

 

先週仕事が休みで、夕方に某大型スーパーに一人で買い物に行った時の話です。

お店に入る為、入口方面に歩いていると後ろの方から「ドサッ」という音が聞こえ振り向くと女性の方が倒れていました。初めは転んでしまったのかなぁと何となく見ていましたが、全然動かないし起き上がらない・・・

アレっと思いながら近づいて声を掛けるも意識がなく、呼吸と脈は確認ができていましたが痙攣も見られていました。

「大丈夫ですかー」という私の大きな呼びかけに周囲の方も異変に気づいてくれたようで近づいてきてくれました。

 

ここから見ず知らずの方々の協力で、ご本人対応はもちろん、救急車を呼んでくれる方、駐車場内だったので店員さんと警備員さんを呼びに行ってくれる方、車が来ない様に交通整理をしてくれる方等・・・と素晴らしい連携プレーで、そうこうしている間に救急車が到着しました。この時点で意識も少し回復し、呼びかけに反応が見られ始めました。

 

救急隊に状況の説明を行い、無事病院に搬送されていきました。念のためスーパーの警備員さんに連絡先を伝えその日は帰りました。翌日スーパーの方から連絡があり「昨日搬送された方ですが、元気になられ退院したようです」とわざわざ連絡を頂き、ホッと一安心しました。

後から分かった事ですが、実はてんかん発作を起していたとの事です。

 

当施設でも定期的に消防署職員を呼びAEDの使用方法や、心臓マッサージなどの訓練を行っています。実際に介護の現場でも、皆様、色々な既往を抱えているので急変が発生し心臓マッサージやAEDを使うといった場面も珍しくはなくなってきています。

いつ何時どんな場面に遭遇するかは分からないので、改めて普段からの心構えと訓練は大切だなぁと実感したとある休日でした。

COMMENT

No title

いきなり人が倒れたら誰でもびっくりしますよね。
自分も電車内で人が倒れているのや、自分の目の前で人が倒れたの見たことありますが、自分にはどうしようもないので、完全に傍観者になってました。

No title

ぽちっと応援にきました
いやー、この展開ならびっくりしないほうがおかしいでしょうね
大事に至らなくてよかった
俺だったら衝撃で何を買うか忘れたかもしれませんw

No title

なんだか普通に書いていますが、
実はこういうのがスーパーヒーローだったりするんじゃないかと最近思います。
私もてんかんの方の発作に何度か遭遇したことがあります。
本人と知り合いだったので前もって仮に発作が起きてもほっといてくれって言われていたのですが、いざ本当に遭遇すると、そのまま様子見を決め込むのも結構大変でした。

咄嗟に反応できるスキルは、人の命に直結するので関係者以外でも周知していく必要がありそうですね。
今回の場合は、スーパーと比較的人の多い場所ですが、発見者が自分一人しかいないような時のことを考えると、自信がありませんので・・・

こんばんは
私はどちらかと言うと助けてもらう側の人間です…
死にかけた顔をしていれば人の良い婆ちゃんに声を掛けられるタイプの様でして…
そこまで私は死に損ないで………すな
ちゃんとしたスキルは身に付けては居ても、その本人が死に損ないでまともに動け無いと言う二律背反の領域にいる時点で、私は役立たずなんですけどね

No title

コメント失礼します。

緊急事態の対応お見事でした。
わたしも、消防団の研修でAEDなどの使い方をならいましたが、実際にその場面にいる場合に対処できるか不安です。

今度研修があるときはさらに深く習ってみようと思いました。

ponch様

コメント有難うございます。

うちの主任は現場に於いての指導者でもあり、いざと言う時の
対応は慣れています。しかし、実際に仕事以外で起きると焦りますよね。
今回は彼のファインプレーになります。

てかと様

コメント有難うございます。

こう言う時こそ焦らずに対応する事が大事になります。
本当にご本人が大事に至らなくて良かったです。

節約ドットコム様

コメント有難うございます。

今回はてんかんと言う事でそれ程大事に至らなかったので良かったです。
私も昔に血だらけで倒れている人を救護した事があります。
何でも連携プレイでその時に数台の車が停車して手伝ってくれたから良かったです。
仰る通り今回は人通りが多い所で迅速に対応できた様です。

もっさん様

コメント有難うございます。

もっさんお婆さんに声を掛けられるのですか?
私も今は色んな意味でもっさんと同じ状態かも(笑)
お互い救護されない様に頑張りましょう。。

エムロック様

コメント有難うございます。

今回は本当に彼のファインプレーです。
本当に大事に至らなくて良かったです。
AEDなどの機器は確かに普段使用しないと忘れてしまいます。
但し音声ガイドがあるから焦らずその通り行えば問題はありません。
でも目の前に苦しんでいる人がいると焦るんですよね・・・

普段の訓練の賜物ですね!グッジョブです!

えいしんです。

こういった「リアルな現場」で動けるのは、普段の訓練の賜物ですね!グッジョブです!
勿論、患者の方の症状は「千差万別」ですので訓練の内容とは、大抵「異なる」でしょう。
しかし、この様な急病患者に対する応急措置の訓練は、実際に対応した場合、「100回の訓練」に匹敵するのでは無いでしょうか?
患者様も、無事との事、今回の「実践経験」は、とても貴重な体験だったと思います。
是非、こういった体験をされた方が、施設内の他のメンバー様に体験談をお話しされる等、「情報の共有」が、とても良いと思います。

それでは、お疲れさまでした。(有本様、グッジョブです!)



えいしん様

コメント有難うございます。

うちの主任は実習指導者でもあり、この様な緊急対応には慣れています。
色んな資格も所持しており、常に冷静な分析力と判断で活躍しています。
やはり普段どこでこの様な知識や経験が活かされるか分かりません。
常に初心の気持ちを持って色んな事に接していきたいですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク