FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

3月認知症予防カフェ

317日(金)第10回認知症予防カフェを開催しました。

 

今回は、住民さん、事業所さん合わせて10名の参加でした。

テーマはずばり「ずーっと蔵王で暮らすための老い支度」

特に講師はお呼びせず、のんびり皆さんとの対話形式としました。

 

今回『老い支度』というテーマを選んだのは、

「元気なうちにあなたたちの施設に入れますか?」

「今のうちにどこか行った方がいいのかと思って…」というご相談、ご質問を受けることが増えたからです。

「元気なうちに」って…。皆さん、こういったご相談、どう思われますか?

元気なうちは、その幸せな生活を思う存分楽しめばいいじゃないですか!

長年暮らした大好きな土地を離れるために、大切なお金を使うことなんてないですよ!

私はそう思います。でも、どうしてもそうは思えない切実な背景があるのですよね。

 

そこで今回は、前回の「マップ作りを通した『見守られ活動』への気づき」から更に踏み込んでの『老い支度』をテーマとしたのです。

この度のねらいは、「人と人との繋がりを絶たなければ『なんとかなる!』。土地を離れる必要なんてない!」という結論の共有。とはいえ、切実な皆さんの思いを前に、共感が得られるか賭けでもあり、内心不安もありましたが、、、

・本当にどこかに行きたいと思っている人はいなよね。

・気がかりな人がたくさんいる。でも私が行っていいものか考えていたの。

・ボランティアしたいと思っていた。どうすればいいのか分からなかった。

・半年前は明日のことも考えられなかった。でも繋がりがあったから、助かったと思う。

等「地元愛」あふれる言葉の数々が聞かれ、ホッとひと安心(^^)この皆さんの「地元愛」のために私たちが今できること。それは地域における居場所づくりだと思っています。誰でも楽しく集まりながら、何かあったら相談できる、そんな居場所づくりをこれからも続けていきたいと思います。

また、皆さんの熱い思いを行動に移すことはできないかなぁ…なんてことも考えています。地元の主役は何といっても住民さん。皆さんがその思いを行動に移すお手伝いができたらいいですね。

①

↑ゆっくり本音トーク中

②

1月からの常連さん。バシッとおしゃれして登場。嬉しいですね!

③

↑子供さんたちもお客さんをお迎えするお手伝い

 

お蔭様で10回のカフェを運営できた今年度、少し地域の皆さんとお近づきになれたように感じています。今年度をステップに、来年度は更に住民の皆さんと共に地域の課題を発見し、繋がりを深められるような取り組みを「楽しく」続けていきたいと考えています!

 

次回認知症予防カフェは平成29414日(金)1400~ 刈田嶺神社社務所です。

地域の方の紙芝居や、在宅介護の経験等々、盛りだくさんの内容でお待ちしています!

どなたでも気軽に足をお運びください。

※認知症に関わらず、介護保険や福祉に関するご相談のある方はどうぞこのカフェでスタッフにお声掛けください。

※聴覚に障害のある方のご相談には、宮城県聴覚障害者情報センター「みみサポみやぎ」との連携の上対応させていただきますので、事前にせせらぎのさと蔵王・松﨑、中島(tel0224-34-1511/fax0224-34-1512/mail m.matsuzaki@zao-fukusi.jp)までご連絡ください。

COMMENT

No title

「老い支度」「終活」・・・
結構切実なことなのかもしれないですね。
それぞれの家庭事情によっても変わってきそうですし。

元気なうちにというのも分からない気もしませんが、
私も元気なうちは施設長さんと同じ気持ちで生きたいですね。

環境を整えるよりも「心境」を整えることの方が大変かなと思ったりします。そのためには「死に支度」よりも「死に稽古」は早いに越したことがないのかなと思ったりしますし、
「生き上手」イコール「死に上手」なのかなと思ったりします。

カフェとはかけ離れた重苦しいコメント申し訳ないです(笑)

No title

こんばんは。

大変、難しい問題ですね。
可能な範囲での対応もブログの趣旨です。

No title

こんばんわ

元気なうちに、この言葉は高齢になればなるほど重い言葉になっていくと思います
ソレをカバーするのがコミュニティーになるのかなと最近は考えるようになって来ました

死ぬ直前までロックでパンクな生き様をしたいと思っていても、きっと先を恐れてしまう様になるんだろうなと思っております

節約ドットコム様

コメント有難うございます。

追い支度や終活と言うと何だか寂しくなりますが、何れ皆さん通る道です。
極論ですが、人間は生まれたと同時に死に向かっているので・・・
だからこそ今を多く楽しんだ方が良いと個人的に思います。
これからの時代介護の担い手も少ないので、なるべく在宅で皆さん元気に
過ごされるのがベストなのです。

ichan様

コメント有難うございます。

人間老いてくると色んな現実問題に直面します。
あまり想像したくないですが、元気なうちに多くの
事を準備したいものです。

もっさん様

コメント有難うございます。

元気なうちは老いた自分を中々想像出来ないので、現実に直面した時に
精神的なダメージも大きいです。
今は住民主導でのコミュニティーも多く出来ています。
都会では中々難しいかも知れませんが、今後地域福祉やコミュニティーの形成は
急務となっていきます。

何事も「準備」が大切ですね!

えいしんです。

「老い支度」、準備は何事に対しても、大切
な気がします。
心の準備を、どの様な形で行っていくのか、
やはり、一人で悩むのではなく、こういった
集まりがあると、「心強い」と思います。

それでは、お疲れさまでした。

えいしん様

コメント有難うございます。

世の中孤独死も多いので、地域との繋がりは大事です。
老い支度は受け入れがたい現実ですが、皆さん通る道です。
悔いのない人生を送りたいものですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク