FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

施設内研修(山田)

先日施設内研修を行いました。

申し送れました・・・

もう既にイケメンなのは皆さんご承知の事。

実はせせらぎで1番頭脳が良いと言われている山田です!!


さてさて本題の研修についてです。

一つ目は2グループに分かれ、互いに違うイラストを見て、事故に繋がらなくても、事故になっていた可能性のある体験や事例、つまりヒヤリ・ハットを考える研修です。

大きな事故が1件起これば、その背景には小さな事故が29件、ヒヤリ・ハットが300件起きていると言う、「1:29:300」のハインリッヒの法則と言うものがあります。

介護職員の私たちは常に事故の危険性と隣り合わせであり、事故を未然に防ぐ為にもヒヤリ・ハット報告書は非常に大事になります。残念ながら事故を0にする事は不可能ですが、0に限りなく近くする事は可能です。今回の研修は職員一人ひとり視点や考え方が違っており、改めてヒヤリ・ハットの重要性を認識した研修でした。

写真1写真2

二つ目は24シートの研修です。24シートとは入居者様一人ひとりの生活を時間軸として表し、起きてから寝るまでの様子を一覧化したものです。特別養護老人ホームの基本方針として「入居前の生活と入居後の生活が連続したものとなる」とあります。

自宅で出来たのに、施設で出来ない・・・ありえません!!!

少人数で顔見知りの関係、自宅での生活をそのままに生活して頂くのがユニットケアであり、その入居者様の暮らしぶりを表しているのが24シートです。職員間の情報の共有、誰が見ても同じケアが出来る等、メリットが多くあります。

開設時から作成、更新してきましたが、今一度24シートの理解と知識を深める為に、この研修を開催しました。

写真3写真4

このように、せせらぎのさと蔵王では年間を通し、多くの内部研修を開催しています。個々のスキルアップ、入居者様により良いケアを提供する為、日々精進しております。

COMMENT

No title

「顔良し」「頭脳良し」「性格良し」の山田リーダー!
三拍子そろっているじゃないですか!
完璧人間実在するんですね(笑)

ところで、ヒヤリハットは大切です。
ヒヤリハットのための事前対策、アセスメントの確立。
それでも起こり得る事故の、ヒヤリハット報告書等。
どの業界でも明確な流れ作っておかないといけませんからね。
福祉事業であれば人命に直結しますから尚更でしょうね。

あっ、完璧人間云々のところは全部まとめて取り消しておきますね。
調子に乗せるな!と施設長さんに叱られてしまいますので。
山田リーダーもうすうす気づいているでしょうけど、全部お世辞ですよ!
でも、キャラを確立したのはなかなかのもんです(笑)

No title

こんばんわ

ヒヤリ・ハットはとても大事
命を扱う業種ならなおさらですよね
このシーンはこういうところにも気をつけないといけない、等の細かい部分への注意を再確認する事が未然に防ぐ事に繋がりますし
自分の身を守る事にも繋がりますしね

山田リーダー、フルスイングはきちっと振りぬいた後の打線の確認を怠ったらダメですよ?
バックホームに叩き込むのを見届けるまでがパフォーマンスですからね
その出落ちじゃ内野ゴロですよ?

研修、ご苦労様です!

えいしんです。

ちなみに、「社内研修」は、この様な施設では、「義務」だとか、
「月に何回以上」とか、決まりは無いのでしょうね。
こちらの施設では、本当にお忙しい仕事の合間に、皆さんで
集まり、「研修」されるのですね。「グッジョブ!」です。

「事故ゼロへの挑戦!」皆様なら、「不可能」も「可能」にして
しまいそうですね!

「自宅で出来たのに、施設で出来ない・・・ありえません!」
この言葉、「感動!」しました。
普通なら、「自宅と施設では、どうしても違いますから・・」
等と、「出来ない理由」なら、幾らでも出せますのに、
「ありえません!」・・・シビレますね!

それでは、お疲れさまでした。
(おっと、山田リーダーに、至急、座布団2枚!!;笑)

節約ドットコム様

コメント有難うございます。

三拍子どころか1つもあっていません。
調子に乗ると自滅するタイプなので、お世辞でも言ってはいけません(笑)
何ならしばらく山田を貸しますか??

ヒヤリハットはどこの企業でも、もはや共通して言える事で実践している
企業も多いことでしょう。
仰る様に我々の仕事は命に直結するので、ただのヒューマンエラーでは
済まされないのも事実です。
山田リーダー筆頭に現場で肝に銘じて頑張ってくれることでしょう。

もっさん様

コメント有難うございます。

山田のフルスイングの大空振りは、これはこれで山田らしくて良いのです。
これがヤツのモチベーションでもあり、彼らしいプレイなのです。

ヒヤリハットはもっさんの職場でも取り入れている事でしょう。
惰性で仕事すると特に我々の仕事は人の命に関わるので・・・

えいしん様

コメント有難うございます。

山田君はグッジョブと座布団2枚頂きました~!!

研修や委員会は、勿論義務付けされているものも中にはありますよ。
でもそれは最低限のルールなので、うちの施設はもっと攻めますよ!!
山田リーダーを筆頭に現場では、出来ない理由より、どうやったら出来るか?
をポジティブに遂行しています。まぁやる時はやる男なので彼も(笑)

ヒヤリ・ハットかあ…

ヒヤリ・ハットやトラブルの知識は
日常生活でも起こりそうな気がするので
私も勉強してみます!

はじめまして

いつも拙ブログへご訪問ありがとうございます。
老人ホームでのお仕事はご苦労もあるかと思います。
お疲れ様です。

私も還暦を過ぎているので、将来こういう施設に厄介になるかもしれないと、考える今日この頃です。

ヒヤリハットの教育は、メーカーに勤めているので何度となく受けております。ベテランになるほど、こういう研修は必要だと思っています。
慣れが一番怖いですね。
ちょっとした気のゆるみによる操作ミスで大事故ということは社内のケーススタディーで聞かされています。
他人事でなく、自分に置き換えていく必要がありますね。
中にはくだらないと思う人もいるかもしれませんが、研修の継続による啓蒙は必要だと思います。
研修お疲れ様でした。

No title

コメント失礼します。

ヒヤリハットですか。
大事ですね。

職員間の情報の共有と誰が対応しても同じ仕事ができるように備えるなど、芽吹さんのブログはためになりますな。

INてぐらる様

コメント有難うございます。

ヒヤリ・ハットは一般企業でもお馴染みです。
特に福祉現場は毎日リスクがあります。
勉強して損はないので是非学習してみて下さい。

KENKEN'S様

コメント有難うございます。

こちらこそいつもご訪問して頂き感謝しています。
KENKEN'Sさんはもっとお若い方かと思っていました。失礼しました・・・
これからも出来るだけ老人ホームの日々の出来事を発信していきます。

ヒヤリ・ハットはどこの企業でも使用していると思います。
日常生活に於いても常にリスクと隣り合わせなので、勉強してみると面白いです。
ただ、あまりリスクを意識すると中々良い事も含めてアクションを起こせないので
そこら辺の匙加減も重要なのですが・・・

エムロック様

コメント有難うございます。

ヒヤリ・ハットは大事です。特にうちの様な高齢者施設で対人相手の仕事を
していると尚更勉強が必要です。ちょっとしたヒューマンエラーが相手の命に
関わる大事故になるので・・・
今後も良い情報をお伝えしていきます!

EDIT COMMENT

非公開コメント

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク