FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

お知らせ

新型コロナ対策で心身ともに疲れモードです。
それでも医療従事者の方々に比べたら大した事はありませんが・・・
勝手ながら暫くブログを休ませて頂きます。
再開まで心身の充電をします。

緊急事態も各地で解除されましたが、それに伴い感染の第2波も心配です。
何事もないのが1番ですが、有事に備えて体力をつけます。

お願い

全国社会福祉法人経営協よりメールが各会員に届きました。内容は、新型コロナ関連の福祉現場に対する風評被害。医療従事者に対してもこの様な事がありましたが、福祉現場に対しても誹謗中傷が全国で発生しています。内容は省略しますが、酷い内容ばかりで悲しくなります。
そこで、全国経営協より全国のみなさまへお願いがあり掲載させて頂きました。一人でも多くの方に読んで頂けたら幸いです。


国民のみなさまへ

 社会福祉施設・事業所は、高齢者、障がい者など特に支援が必要な方々の居住や支援に関わる第一人者として、利用者の方々やその家族等の生活を守り抜くためにサービス提供を継続しています。
 慢性的な人手不足が続くなか、『利用者の生活を維持するためのサービスの継続』と『感染拡大リスクと低減させるための感染防止策の徹底』を両立させるために、日々、全国各地の現場で試行錯誤を重ねています。
 福祉サービスの目的は、日常生活を営むことが困難な方を支援することにあります。つまり、私たちが提供する福祉とは『日常生活そのもの』です。サービスの提供が失われてしまえば、その地域で支援を必要としている子どもたち、障がいのある方、高齢者等の日常生活が失われてしまいかねません。その影響は、ご本人のみならず、ご家族、地域の生活、経済にまで及びます。
『医療崩壊』の危機についてさまざまな場面で取り上げられ、医療従事者への謝意を表する行動が社会全体でのムーブメントとなり、また、国や自治体によるさまざまの対策がとられています。
 医療従事者の生活を守り、『医療崩壊』の防波堤になるためにも、『介護崩壊』、そして『福祉崩壊』を防ぐことが重要であり、さまざまな人の日常生活を維持するために全力で戦っている福祉従事者を守るためには、みなさまのお力添えが必要です。
 どうぞ、こうした困難な状況のなかでも、人々の日常を支え続けるために、最前線で活躍する社会福祉従事者へのご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。


メディア関係者のみなさまへ

 社会福祉施設・事業所に対する正しい理解が社会に広まるよう、福祉現場職員の奮闘をリアルにお伝え頂くとともに、最前線で活躍する現場職員を是非とも応援してください。

新緑

良い季節になりました。
寒いのが苦手な私にとっては、これからの季節がとても心地が良いです。
裏の林ではウグイスの鳴き声も聞こえて自然を満喫できます。
蔵王町は、農業の他にも観光の町でもあるので本来ゴールデンウィーク時は、多くの車が往来するのですが、今年はその光景も見られず。
写真は4月下旬後に撮影。やはり花は癒され、特に玄関先にあると嬉しいものです。
花屋さん、生産者の方も今回は大打撃を受けています。
何とも心痛みますが、皆で国難を乗り越えるしかありません。
DSC07541.jpgDSC07542.jpg

注意

皆さん新型コロナの予防として、手洗いや消毒の回数が増えていると思います。
施設の場合、もともと感染症対策として手洗いや消毒は徹底していますが、それ以上に回数は増えています。
私も一人勤務の時にドアノブ、PCのキーボード、電話等、念入りに消毒しています。
ただし私の場合、過度な消毒が逆に具合が悪くなります。
と言いますのもアルコールが苦手なのです。もともと飲む方のアルコールも苦手で、周囲からは凄く飲むように見られますが、全く飲めません。たま~にですが、その時の雰囲気で飲んだりする事もありますがその後、呼吸苦になります。要はアルコールアレルギーだと思います。検査した事はないのですが、呼吸苦、喉の閉塞感、鼻づまりの症状が出ます。

話しを戻します。
ジェルタイプの消毒液は大丈夫ですが、噴霧タイプの消毒液を使用すると、後頭部が痛くなり次いで息苦しくなります。噴霧タイプは揮発した時に吸い込むのでしょう。少量だと大丈夫ですが、あちこち消毒しているうちに具合が悪くなります。そうなると次亜塩素酸系で消毒するしかないのですが。そういえば、チョコレートに入っているブランデーなんかも食べると呼吸苦になります。
ただし、毎回ではないのですが、7割くらいの確率で飲む方のアルコールも症状が出ます。私の親もそうだったので遺伝的なものでしょうか。
ちなみにですが、アルコールアレルギーは、突然の発症(後天的)もある様なので注意が必要です。
同症状がある方、気を付けましょう!

新芽

せせらぎの小さなバラ園。
写真は4/24に撮影しました。
4月は風も強く気温が低い日も多かったのですが、バラの新芽が良い感じで伸びています。
ただし、土のコンディションがよろしくないので、何本かは弱っています。(品種にもよるので一概には言えませんが)
DSC07536.jpg

今後は害虫との闘いです。
特にチュウレンジハバチが多いので、常にチェックしなければ。
薬剤散布してもあまり効き目がありません。
チュウレンジハバチは厄介です。新芽の柔らかい茎に卵を産んでそこから葉を食べる幼虫が・・・
瞬く間に葉がなくなります。他にもコガネムシ類がいますが、やつらはバラの花弁をムシャムシャと食べるので厄介。今年も私の闘いが始まります。
DSC07537.jpg

6周年

4月の行事食です。
当施設は4/25で開設、丸6年が経ちました。
個人的に早い様な気もしますが、内容の濃い6年間だったので長かった感じもします。
自粛要請が掛かる中、施設としても外部をお呼びして派手な事ができないので食事だけ。
行事食はこんな感じになりました。
私の好物とする赤飯や天ぷら、締めの餡子の練り物(写真ピンク)も美味しかった。
DSC07527.jpg

皆さんが食べている様子を少しアップします。
DSC07528.jpg

美味しいものを食べている時は、皆さん無口です。
私もそうです。好物のケーキなど食べている時は、至福の時。話し掛けられるのが嫌です(笑)
DSC07529.jpgDSC07530.jpg

皆さん笑顔というより真剣な表情で食しています。
DSC07531.jpgDSC07532.jpg

男性入居者さんも満足の様子でした。
DSC07533.jpg

寄贈

先日、各医療用品が不足している旨をブログでお伝えしました。
そんな中、こんな有難い出来事もありました。
写真の通り手作り布マスクの寄贈です。
地元のNPO法人蔵王協働会の皆さんが1枚1枚、愛情を込めて作ってくれました。
色んな柄や生地のマスクが沢山あります。しかも大きさも色々とあるので本当に助かります。
DSC_0324.jpg

商品としても売れるのでは?と思うくらい立派な作りです。
DSC_0325.jpg

品種

咲いた~咲いた~♪と思わず口ずさんでしまう様な写真のチューリップ。
バラも好きですがチューリップの蕾の姿も好きです。
さて、黄色のちょっと変わった形の花も実はチューリップ。
DSC07501.jpg

花弁が開くとこんな感じ。
なんだかチューリップというより別な花の様な・・・
DSC07500.jpg

似た様な感じのバラもありますね。
バラもチューリップも品種改良がされて、今では珍しい色や形のチューリップも多く見かけます。
そういえば仙台で新種の桜か?!なんて地元紙の見出しで見掛けましたが、その後どうなったのか。
DSC07499.jpg
DSC07540.jpg

枯渇

4月の中旬に厚労省から通達がありました。
医療物資の需要が高く国内の在庫が枯渇しています。
特にサージカルマスクを始め、長袖ガウン、ゴーグル、フェイスーシールドなど。国と企業も確保に向けて努力されていますが、それでも需要の方が高いのが現状です。

今回の通達は、それらの物資を例外的に取り扱うこと。
通常、これらの医療物資は使い捨てが基本となりますが、使用にあたって優先順位をつけて継続使用をする様に指示がありました。目に見えて汚れた場合は、洗浄及び消毒で使用する。
また、代替品として長袖ガウンならカッパ、ゴーグルならシュノーケリングマスクなど。
大阪府で雨合羽を買取したり、東京都の病院では、防護服を洗って使用している等の報道もありました。使い捨てマスクも病院によっては、1人あたり週2枚渡されるだけ。
どちらの病院や施設も枯渇状態は避けれないので、まずは最前線で闘っている医療現場に物資を回して頂き、施設の場合は厚労省から示されている事を遂行するしかありません。

お休み

いつも当ブログを閲覧して頂き有難うございます。

ゴールデンウィークということで、しばらくお休みを下さい。
大丈夫です!どこかへ旅行に行く訳ではありません。自粛生活継続中です。
休みの間、皆様のブログにはなるべく訪問する予定です。
それでは~

雨漏れ

先日の記事から続いています。
蔵王町は、18日の夕方から明け方にかけて雨風が強くなりました。
施設1階の廊下、ユニットは雨水が染み出す始末。
雨漏れは、今回が初めてではありません。開設6年が経過しますが、開設して間もない(梅雨時期)頃から雨漏れに悩まされており、その都度修繕しています。

平たく言えば欠陥工事です。始めからなので瑕疵担保責任が工事会社にはあります。当時、職員玄関とリネン庫の雨漏れが酷く、何度も業者に直させました。運悪く当時せせらぎの施工に携わっていた工事会社の社員は、現在一人もいません。但し、現在対応してくれる方は、フットワークが軽く直ぐに駆けつけてくれます。
その職員玄関とリネン庫は、今の所問題はないですが、1階廊下とユニットが・・・
DSC07496.jpg

ユニットはこんな感じです。下から水が染みてくる様な感じなのでペットシートを使用しています。
水って建物の寿命を短くするので、それを考えると施設は痛いです。
DSC07497.jpg

シートがパンパンになっているのが分かりますか?
一晩でこれくらいですが、地味にしたから水が染みてきます。
DSC07498.jpg
頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク