FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

新年度に向け

明日から新年度になります。
年度替わりは、福祉施設に限らずどちらの企業でも色々と忙しい事でしょう。

今回は、新型コロナの影響で拍車をかける様に忙しい人も多いはずです。
コロナって言葉を聞くだけで嫌になる人も沢山いると思われます。少しずつ色んな事がわかって来ましたが、それでも情報だけが右往左往している様な状況です。
当施設も2/24から面会規制し外出等の活動も自粛していますが、入居されている方々もご家族と会う事ができず不穏になられる方もいます。
学校も一部を除いては休校状態にあり、子供達にもストレスがかかります。どこかへ出掛けるのも難しいため、余計にストレスが溜まります。
ストレスと言えば厚労省の職員も大変だと思います。コロナ関係に携わる多くの職員が時間外で働き職場に泊まり込みしている人も多いとか。
マスクや消毒液を製造している社員も休日を返上し、且つ時間外労働で働いているため体調が心配です。今回の騒動で『2月から休日がなく泊まり込みも多いため、このままでは死んでしまう』とマスクを製造する会社員の声が新聞にも掲載されていました。

東日本大震災の時も感じましたが、普通の暮らしが当たり前の様でいかに贅沢か?と今回も痛感しました。人間、普段から欲を多く持たない事に尽きますね。普通の生活が出来る事に感謝し、多くの事を望まない生活をしていきたいです。

行員の苦悩

銀行の取引は、通常本人が原則ですが判断能力が低下している人、いわゆる認知症の方の場合どうしたら良いのか?そんな記事を全国紙で目にしました。
実際、認知症の人の親族らが本人の生活費、医療費などをおろす取引を求めた場合、約6割の銀行が必要範囲内で本人以外の取引にも応じている様です。
この様なケースが増加傾向にあり、特に意思能力が低い方との取引は無効になる恐れがあるので、銀行が資産を守るために取引を制限します。例えばお金の管理をする後見制度もあるが、十分に浸透していないのが現状。
上記した必要範囲内の基準は、請求書などの書類を求める、現場の個別判断、一定の金額基準などが理由の上位。
しかし、トラブルも多く本人の意思確認ができず、家族らの払い出しに応じなかったらトラブルになった、親族の払い戻しに応じた後に別の親族とトラブルになった等がある。つまり払い出しに応じても応じなくても問題が起きている実態になります。行員が一番困るのは、窓口に来た人が認知症かどうかの判断で体調により正常な日とそうでない日があり、判断能力の有無を判断できないのが問題。行員も対応に困った場合、外部機関である地域包括、警察、社協、弁護士などに相談しているとの事。
この様に基準が曖昧で各行、各行員の判断だけではなく一定の基準を設けるべきですが、ようやく全銀協で基本指針をまとめる様です。

環境

3/25の話です。
自宅前の電線に2羽のツバメが・・・
早い、早過ぎます。県内で3月にツバメを見るなんて過去にあっただろうか。
施設に出勤したら何と施設にもツバメが来ているではないか。
そう言えば裏の林でウグイスも鳴いていました。
今後、温暖化が更に進み2月頃にはツバメが来る日があるかも知れません。

話しは変わりますが、コロナ早く収束して欲しいです。
当施設も使い捨てマスクの在庫状況が厳しいので、今はハンカチなどを利用した手作りマスクで対応しています。使い捨てマスクは、全く在庫がない訳ではありませんが、仮に施設内で感染者が出た場合、1ケア毎にマスクを破棄しなければなりません。それらを踏まえて備蓄しなければいけません。
政府でも医療、介護現場で1人1枚布マスクを配布するとの事です。最近は、消毒液はもちろんのこと使い捨て手袋もメーカーで枯渇状態です。代替品で対応していますが、この状況がいつまで続くか分かりません。
東京オリンピックが延期になりました。選手や関係者には申し訳ありませんが、妥当な対応だと思います。国内でも依然として大都市を中心に感染者が出ています。感染経路が分からない方も多く、今後、学校が開校され、スポーツなどを含めた各イベント事も開催されれば、次の感染の波が押し寄せて来ると思われます。
しかし、今の状態が長引くと日本の経済が持ちません。
一方で『コロナ慣れ』なんて言葉も聞こえてきます。政府主導だけでは限界があるので、もう一度国民一人ひとりが気を引き締め直した方が良いです。

雛祭りが終わり、事務所前には既に兜が飾られています。
何気に敷物も鯉のぼりになっているではないか!
兜と言えばマジンガーZの兜甲児を思い出します。といっても私が生まれる前に放送されていたのでリアルタイムでは見た事がありません。スパロボシリーズにもよく出てきますよね。←マニアックですみません。
5月5日の端午の節句には、鎧兜を飾る家庭が見受けられましたが今はどうなんでしょうね。
鯉のぼりなどもあまり見なくなりました。
大河ドラマを見ると鎧兜も色んな種類があります。デザインは家紋などがベースになっていますが、家紋も種類が豊富です。徳川家でご存知の三つ葉葵も松平家を入れると4種類あります。

私が住む地元では、甲冑祭りや甲冑展などが開催され厚紙で作られた甲冑は、かなりクオリティーが高いです。甲冑を作る塾まで開いているようです。
物づくりが苦手な私なので是非習ってみたいですね。
DSC07303.jpg

モチベーション

モチベーション。
人が何かをする際の動機付けや目的意識を意味しています。自分の好きな事なら時間を忘れて没頭し毎日継続する事も可能でしょう。
最近、ブログを閉鎖する方、更新が数か月~数年途絶えている方(実質閉鎖と同じかな)がいます。当ブログは、開設して4年目になります。開設間もない頃からコンタクトを取っていたブロガーさん数名・・・音沙汰がないので寂しいですね。コメント等は要らないので、たま~に自ブログを更新していれば、元気なんだなぁ~とホッとしますが。でも皆さんそれぞれの事情がありますからね。

一方で10年以上継続してブログ更新されている方。素晴らしいですね~中には毎日記事をアップしている方、1日に複数の記事をアップされている方。まさに『神』ですね!
長年ブログを継続しているそのモチベーションが凄いと思いますよ。私の場合、施設用ブログとしてほぼ仕事の一環で記事をアップしています。たまに個人ネタを用いる時がありますが、そこはスルーして下さい。
もし、私が個人ブログを開設していたら、2~3ヶ月位で終わっていますね、たぶん(笑)たまに何の制約もなく個人意見として爆弾発言をしたい時もありますが。

せせらぎブログ、私が定年になるまで?依願退職?病死?事故死?するまで継続する事になるだろうか。不慮の事故以外で考えた場合、定年までが1番長い計算になりますが、するとあと何十年?!。まぁそう考えると、いくら仕事でも嫌になるので、日々の積み重ねがベストです。
ブログ=仕事と申しましたが、このブログを通して多くの方と知り合えたことが、1番のモチベーションになりますね。

超~

畑クラブで作った梅干しの様です。
過去の記事で出来上がりまでの過程を乗せていました。
それがようやく完成?!したのでしょう。

欲しい方はどうぞ~となっています。
しかし、写真に見え隠れしているメモには『超~~しょっぱい』となっています。
どこかで工程を間違ったのか、塩などの分量を誤ったのかは不明。
Y氏やカルロス大野に食べてもらい、強烈なリアクション写真を載せても良いですが、見る人によってはパワハラになるので控えておきます。
どこかの学校でありましたよね?激辛カレーイジメ事件。
ちなみにY氏は辛いのが大の苦手で、もちろんカレーはいつもお子様用の甘口カレーを食べているとの事です(^-^)
DSC07300.jpg

介護保険のありかた

先日、ペットと暮らす独居世帯についてお話しましたが、その中でも少し触れた独居世帯、老々介護についてもう少し。

介護保険が実用化され4月で20年。介護保険は介護の社会化を目指すと同時に、介護の相当な部分を家族が担うことを前提にもしてきました。在宅介護といえばもっとも多かった息子の配偶者による『嫁介護』が主となっていましたが、男性介護や実子介護が増えました。
現実的に家族モデルは大きなずれが生じ、仕事しながらの介護に加え育児とのダブルケアなど、ながら介護も増えました。
一方で老々介護は、3割を超しています。自分の身の回りの事も大変になり、更に配偶者の介護となると厳しい環境に立たされます。特に配偶者が重度の認知症でショート利用できる施設を探しても各施設に『認知症で歩き回るなら厳しい』と断れれるケースがあります。利用拒否の大きな要因は人手不足とのことで、特に夜間はどの施設もぎりぎりの人員で運営しており、動き回る人の利用は、とりわけ敬遠されるとの話。

近年、費用を抑えるため要介護1、2などの軽度者支援を縮小する見直し案も浮上しています。在宅介護にスライドする一方でサービスを縮小することにより、サービスが使いづらくなれば介護離職者は増えます。
先にも述べたように人手不足による施設受け入れが困難になり、介護する世代を直撃する問題となります。よって介護離職者は更に増加すると思われます。
独居、老々介護、人手不足・・・介護保険が施行される前から想定できていた数字だと思います。対応が遅すぎです。もっと早く抜本的な改革ができたのではないでしょうか?

職員が毎年、自宅庭から梅の木を切って飾ってくれます。
大胆に切って飾っていますが、自宅の梅の木は大丈夫だろうか・・・
DSC07298.jpg

大きさがありユニットには飾れないので、ユニット前の廊下に飾ってあります。
お陰でフロアは良い香りがします。
これにウグイスでも留まっていれば最高ですが。
もう少し暖かくなると裏の林にはウグイスが(^∇^)
毎年やってくるので今年も来ると思います。
今はキツツキが『コン、コン』と木を突いています。
DSC07299.jpg

行事食

3月3日の昼食です。
茶碗蒸しが特に美味しかったです。
DSC07293.jpg

面会規制しているのでご家族も入居者さんと会えない状態です。
大丈夫です!皆さん元気に過ごされていますよ!
DSC07294.jpg

2階ユニットの入居者さん達も元気です!
DSC07295.jpgDSC07296.jpg

皆さん食欲もありますよ~!!
DSC07297.jpg

今後の課題

朝日新聞で目にした記事です。
介護保険がスタートして4月で20年が経過しますが、20年で大きく変わったのが介護にかかわる家族のあり方です。

独居や老々世帯が増える中でペットと一緒に生活している一人暮らしの方も増えており、記事中にあった高齢者(男性)の方は、猫16匹と生活しており認知症もある様なので包括支援センターに近隣の方から連絡が入った様です。部屋を石油ストーブ4台で暖め、その部屋に座布団を敷いて寝起きしていた様ですが、猫のえさ代に月数万円費やし、金融機関のカードを紛失していたため手元のお金も底をついていた。
長い間入浴もせず服も着替えていない様子で、訪問したケアマネは急いで介護保険を申請しました。結果、要介護2の認定を受け訪問介護、デイ、配食サービスを開始し金銭管理は成年後見人についてもらう事となりました。

ここまでは私も多く聞く事例になりますが、一番の課題は16匹の猫にあります。こればかりは介護保険では対応できないため、ケアマネは1人のボランティアとして動くことになります。殺処分は極力避けたいため、猫の去勢や避妊手術のため、医師や介護士が集まる研修会で寄付を募りました。数匹はボランティアらを通して譲渡し残りはその高齢者の方と暮らしている様です。
身寄りはいないが家族同然のペットがいる高齢者が増えています。自身が介護を必要となった時、ペットの世話ができる家族がいない・・・介護保険はこのような状況を想定しておらず、現場サイドで現実と制度のはざまで苦悩しています。

1人暮らしの高齢者は、2020年に700万人を超え、認知症高齢者は600万人を超えると言われています。今後、『独居でペットあり』という人は急増するので、福祉関係者、動物愛護団体、行政などで対応できるネットワークの構築が必要になります。

チョイ運動

イベント事や外出を自粛しているため、入居者さんの活動も少なくなっています。
誕生会等では体を動かしたりしていますが、それでも不足気味ですね。
少しでも良いから運動を(^∇^)
DSC07286.jpg

輪投げですが入居者さん、距離が近すぎるのでは(^^;)
DSC07291.jpg

これは手作りの輪投げだろうか・・・
色んな形の輪がありますね。
早く皆で花見などの外出がしたいですね。
DSC07292.jpg

思うこと

休日に料理当番をしています。
最近は、子供たちに『何たべたい?』が主流になっています。
そして、料理は苦手分野なのでレシピ通りに買い物から始まるのです。冷蔵庫の食材を確認しながら、あるもので料理!~なんて神業は私には厳しいです(笑)
その買い物ですがレシピに載っている食材を購入しますが、特に値段も気にせずメモ通りに買います。新聞に入ってくるチラシも見ないので、それが安いのか高いのか?が判別できません。
この記事を読んでいる察しが早い方はお気付きでしょう。仮に私が主夫で毎日料理を作るなら食費だけで家計が破綻するかも(笑)
理由として冷蔵庫の残りもので料理ができない、レシピ通りに買い物をする、値段を意識しない・・・
それで思うこととは、世の中の主婦を中心とした女性は素晴らしい!
食事を含めた家計のやり繰り、スーパーなどで食材(値段)を見ながらメニューを考えたり、栄養バランスを考えたりと。言い訳ですが料理以外の収支のやり繰りは任せて下さい!

更に思うことですが、家計のやり繰り上手な女性の方が国の予算などを考えたら、ムダなものを省き本当に必要なところに予算を充てる。そんな上手な予算を組めると思います。もちろん専門的な知識など必要ですが、女性の切り詰め精神、やり繰り上手精神の考えで実施して頂ければ。
民主党政権時代、事業仕分け(行政刷新会議)で予算をどんどんカットしましたが、同じ様な内容で名目だけ変えてまた予算が上がる・・・なんてこともありました。
福祉分野でも結構あります変な予算。必要性を感じないのに予算をとったものだから、各施設にしつこく促したりと。
家計→国費とミクロからマクロになる話ですが、もっと適切な予算を考えてくれる議員が増えて欲しいものです。

またまた

皆さん好きですね~お好み焼き(^-^)
今回は、1階ユニットでお好み焼きを作った様です。
男性入居者さんもノリノリで作っていますよ。
DSC07277.jpg

お好み焼きってどうでしょう。
入居者さん世代もよく食べたのでしょうか?
DSC07278.jpg

他の食材も彩りがあって美味しそうです。
DSC07275.jpg

他の入居者さんは、フルーツを用意しています。
DSC07271.jpgDSC07276.jpg

出来上がりはこんな感じです!
DSC07279.jpg

技術力

陸上界の『厚底シューズ』多くの物議がなされましたが、ようやく世界陸連が1月末に条件を発表しましたね。

何が騒がれていたか?というと、ナイキの厚底シューズを履いた長距離ランナーが次々と好記録を連発しました。2018年にケニアの選手が世界新を出した事をきっかけに陸上界に直ぐに広まった様子。
今年の箱根駅伝では、出場210人中177人が厚底シューズを履いており異様な光景でした。
本来、長距離走は軽くて底が薄いのが主流でしたが、厚底は靴底に埋め込んだカーボンファイバーの板が、高いクッション性により足を前に押し出す効果を高くしました。

今回、世界陸連が出した回答は、靴底の厚さは4センチ以下、埋め込むプレートは1枚まで、市販品は原則大丈夫だが特注品は使用禁止。

私が何を申したいのかというと
『別に良いじゃない!』
ってことです。

どのスポーツ界も選手は血の滲むような努力をしています。一方でメーカー(技術者)側もそれは同じことです。今年4年に1度のオリンピックがありますが、メーカーだって技術のオリンピックです。あの手この手で多くの研究&チャレンジをした結果、自分たちが作った製品で好記録が出せたら最高です。
水着のレーザーレーサーも騒がれましたね。水の抵抗を減らして北京オリンピックでは世界新が続出。その後、規制されて姿を消しました。
例えばですが、限定の人だけがそれらの製品を使用できるなら不公平ですが、皆その製品を使用できるのであれば、あとは個々の力になるので平等です。
表舞台の選手も素晴らしいですが、裏方で日々努力されている技術者の人たちも金メダル!

甘酒誕生会

2月誕生会です。2階では該当者一人でしたが、両ユニットの入居者さん全員でお祝いすることに。
大きな鍋で甘酒も作り、冷めるまでに皆で体を動かすことにしました。
IMG_4221.jpg

大きなプレゼントをもらった2月生まれの入居者さん。
とても良い笑顔ですね。
IMG_4230.jpg

バースデー風船を使用していつものバレー!
IMG_4225.jpg

バレーを担当するのは、高校時代エースで4番だったY氏。話は1割程度に聞いてて下さい。
IMG_4231.jpg

スナップを上手に使って力強く返しています。
中にはヘディング?!で返すユーモアな入居者さんも(^∇^)
IMG_4236.jpg

ミニボーリング。簡単そうですが、このボール意外と不規則に動くため中々ピンが倒れない様子。
IMG_4241.jpgIMG_4242.jpg

ミキサーを使用したら見た目オムライスの様な色に・・・
実はオレンジ&イチゴをミキサーにかけたのです。
IMG_4244.jpg

原型がありました!こちらはプリンの上にイチゴを乗せたバージョン。
県内で作られた大きなイチゴで美味しそうでした。(入居者さんのご家族から頂きました)
IMG_4246.jpg

甘酒を撮ったのですが、ちょっと撮影失敗・・・
皆さん好きな方が多い様で好評でした。
IMG_4245.jpg

週休3日?

全国紙でも取り上げられた『介護職週休3日』制度。
宮城県が次年度より介護職の週休3日制導入に向けて後押しするとのこと。全国では初めてとのことで特養、老健、グループホーム等を想定し県内全域から5~6施設募集しモデル事業を1年間展開する。
県が業務委託する民間コンサル、社労士を中心とした専門家チームを各施設に派遣。週休3日制といっても夜勤明けを含めた3日なので、従来型の施設で二交代の場合、既に実行済みだといえます。
問題なのが当施設の様なユニット施設で三交代の場合、人手不足のなか全く現実的ではありません。結局は完全休日が4日程度のとどまっている所がポイントとなります。
同業者の方ならピンっと来ますが、分からない方のために簡単に説明します。

①二交代制は、24時間を2つに分けると12時間になりますが、基本労働時間は8時間となるため24時間ー8時間=16時間。夜勤者が16時間働き2日働いた計算。
(例)16時30分~9時30分(休憩時間を除き16時間)

②三交代制は、24時間を3つに分けると8時間。8時間夜勤だが明けの日を休みにカウントするため完全休日にはならない。ちなみに三交代制の場合、三連続夜勤までシフトを組むことが可能。
(例)21時30分~7時30分(休憩時間を除き8時間)

①と②それぞれのメリット&デメリットはあります。
当施設の場合、②三交代制になります。現在月9日休日、完全休日として月4日~5日プラス有給休暇になります。結論からいうと今回の案は厳しいのでは?1日辺りの勤務時間を10時間にする例もありますが・・・国の人員基準でも入居者3人に対して介護職員1人(看護師も含む)になります。例えば30床÷3=10人÷3ユニット=3.3人でシフトを回せるはずがありません。

結果、ユニット施設で三交代の週休3日・・・この人手不足の中、現実的な話ではありません。

すくすく(R2.2.23)

2月すくすく広場の様子です。
紙芝居おじさんの村上氏また登場です!
かなり当施設に貢献して頂いています(笑)以前にもすくすく広場で紙芝居をやって頂きましたが、その時は子供たちも小さく集中して聞くことが出来なかった・・・
これくらいの歳になるとさすがに集中力も高くなっています。
IMG_4193.jpg
IMG_4195.jpg

紙芝居の後は女子会で一服(^-^)
IMG_4198.jpgIMG_4199.jpg

1月のすくすく広場、所用があり私は参加する事ができませんでした。1回不参加になると約2ヶ月、間が空くのですがたった2ヶ月で子供はだいぶ成長しています。
IMG_4207.jpgIMG_4200.jpgIMG_4203.jpg

1人やると皆がマネする・・・子供特有の行動です。
IMG_4206.jpg

雛壇の前で子供たちの写真を撮りたかったのですが、全員揃っての1枚は中々難しいです(^^;)
IMG_4210.jpg

認カフェ(R2.2.21)

先月の認カフェの様子です。
今回は、プログラム通り、いきいき百歳体操、紙芝居を皆で楽しみました。
IMG_4178.jpg

シーザー有本主任が中心となって体操をしました。
始まる前のストレッチが凄く気持ちよく感じました。
IMG_4176.jpg

職員より参加されている皆さんの方が元気です。
毎日歩いて活動されているから足腰が皆さん丈夫です。
実年齢をきくとビックリします。実年齢よりはるかに皆さん見た目が若い!
IMG_4179.jpg

足首、手首に重りを装着して運動をします。
ゆっくりと手足を上げる・・・私は地味にキツイと感じましたが、皆さん体力もあります。
IMG_4180.jpgIMG_4181.jpgIMG_4182.jpg

地元のネタを題材にした紙芝居です。
すっかり紙芝居おじさんでお馴染みの村上氏が上手に朗読していました。
先日お伝えした通り、3月28日の認カフェでは中止です。地域食堂を予定しておりましたが残念・・・再開の目途が立ちましたら改めてお知らせします。
IMG_4185.jpg

日曜の午後

ある日曜の午後の様子。
まったりとした良い時間が流れています。
入居者さん&職員でフェルトを使用して花作り?!
DSC07267.jpg

入居者さん、揺らすのでピントが合いません(^^;)
DSC07265.jpg

こんな感じで作っていきます。
DSC07266.jpg

皆さん器用に作っています。
ハサミを入れる前のイメージ力が大事です。
DSC07269.jpg

職員がニンジンを作ったのですが、なぜか皆に笑われたとか・・・
上手に出来ていると思いますが、花じゃなくニンジンを作った事に対して笑ったのかな?
DSC07268.jpg

お知らせ②

新型コロナウィルスの影響で全国各地で多くの事が自粛要請されています。
当施設に於いても予定していた下記のイベントを当面の間、お休み致します。
参加予定の楽しみにされていた方々、大変申し訳ございません。
ご理解とご協力をお願い致します。


・3月22日 すくすく広場
・3月28日 認知症予防カフェ(地域食堂)
・通年   おもちゃ図書館


再開が決まり次第、皆様には連絡(電話、チラシ、ブログ等)致します。

もらいました

先月、バレンタイン企画としてさんより去年に続きイラストを頂きました。
紹介が遅くなりました(時差というより、日差2週間あるので・笑)
今回も普段仲良くさせて頂いているブロともさん宅のキャラも共演です(高知、愛知、東京、宮城同盟より)
みーさんは、私の所だけじゃなくバレンタイン企画、バースデー企画で多くのイラストを描いているので、とても大変だと思います。貴重な時間を使って頂き感謝致します。
私のイラスト・・・似てますね~お会いしたことはありませんが、特徴をよく捉えています。
みーさん、今回もイラストを描いて頂き有難うございます!

あるブロガーさんから昨日プレゼントを頂きました。ブログ紹介でのお気遣いは不要です。との事で誰から何を貰ったかは秘密です。
〇〇さん、有難う御座いました!
みーさん

冷静に

毎日、新型コロナウィルスに関する情報が飛び交っていますが、施設に来るメールも数が多く。発信先、つまり『課』が違うだけで文章内容や添付のPDFの中身はほぼ一緒です。毎日その作業だけで多くの時間が取られます。どうか窓口を一本化にして欲しいものです。

ついに宮城県でも感染者が出ました・・・
小中高も本日から休校となり、各ご家庭や会社での対応も大変です。卒業式なども取りやめする学校が相次いでおり、特に東北の現中学3年生は可哀想な世代です。東日本大震災(2011.3.11)が発生し現中学3年生は当時、小学校入学の時でした。入学式が遅れたり物資も枯渇状態の中で新小学1年生。そして、今回の騒動で義務教育最後の日が突然やってきて且つ卒業式も中止、または規模縮小。本人たち、親御さん、やるせないですね・・・
そんな経験を踏んだ3年生たち、その経験こそがこれからの人生に活かされ、強くたくましく生き抜いていけると私は思っています。

休校に伴い各自治体に差がありますが、私の子供たちが通っている学区は、学童と校舎内が使用可となりましたが、マスク着用の指示があります。そのマスクが全くないので困ったものです。
ここにきてトイレットペーパー、ティッシュ等も全国の店頭から消えました。マスクと同じ原料で作られている、中国からの輸入が出来なくなった等とデマ情報が流れました。転売目的でSNSを悪用しているのでしょう。
そこまでして金儲けしたいのでしょうか?迷惑行為も甚だしいです。不安に思う消費者は、オムツや生理用品まで買い込み二次、三次被害状態。
経済産業省でもオークションを含めたフリマアプリ等で、個人がマスクなどを出品できない様に運営側に働きかけを行った様です。
私は何度もブログに書いていますが、ネット情報は玉石混淆です。情報を鵜吞みにするのは危険なので、正しい情報を慎重に判断して下さい。
もちろん、当ブログ情報も鵜吞みにしないで下さい。


社会福祉法人芽吹

 

せせらぎスタッフ募集