FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

介護来日

介護の人手不足に対する制作の一環として、外国人労働者について新たなデーターが出ましたね。
昨年11月以降、1年間に来日した実習生が計247人でした。
実習生に一定水準の日本語能力を求めているため、中々受け入れが進んでいない状況です。

さて、先日に5年後には介護分野の人手不足は30万人と言いましたが、2025年問題(団塊の世代が75歳以上になる時期)には、34万人の人手不足。政府は、5年目までに累計5~6万人の受け入れを見込んでいますが、諸外国との奪い合いになっており、かなり厳しい状況になります。
更に実習を申請しても言葉の壁があり、必要な日本語能力試験をパス出来る人が少ないのです。

ところで、2018年度の国の一般会計税収が60兆円前後の見通しになった様です。これは、バブル末期年度に達成した過去最高額(60兆1059億円)と同水準。2019年度には、消費税増税により62兆円に上積みされると予想されるため、最高記録を塗り替えるとも言われています。
しかし!喜んでいるのも束の間です。これだけ介護分野にて人材不足に陥っているので、受け皿となる福祉の利用が出来なくなり、介護離職はかなり増えると思います。追い討ちをかける様に社会保障費も膨大になります。

現在、企業ではAIなどの普及に伴い、人員も見直しをかけていますね。人手不足のコンビニなんかも試験的にAIを導入しています。語弊があるかも知れませんが、AIだらけの世の中、私は個人的に好きではありません。ですが、その分福祉業界に少しでも人が来てくれればと願っています。
社会福祉法人芽吹

 

せせらぎスタッフ募集