FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

身体拘束とは?

先日、新聞で見かけましたが、病院に入院中の認知症患者の約3割が身体拘束を受けている。
そんな調査結果だったのですが、主な理由は入院中の事故防止としてでした。
内容としては、車椅子に拘束帯で固定、ミトン型の手袋、転倒防止として胴や手足を縛るでした。
医療機関では、まだまだ身体拘束がありますね。身体拘束をしないのであれば、家族が24時間付き添わないと入院は出来ません!という医療機関も多いです。

一方で私どもの様な福祉施設が身体拘束をしたら一発アウトです。やってはいけない規則(制度)になっています。但し緊急、やむを得ない場合のみ例外はあり、下記の三原則全てが当てはまる時のみ行う事ができる。と一応なっていますよ。

切迫性 本人または他の利用者の生命または身体が危険にさらされる可能性が著しく高い。
非代替性 身体拘束その他の行動制限を行う以外に代替する介護方法がない。
一時性 身体拘束その他の行動制限が一時的なもの。

三原則の逃げ道はありますが、今は殆どの施設で行っていないと思います。もちろん、どんなに大変でも当施設では身体拘束を1度も行った事はありません。
医療機関と老人福祉施設は、制度なども根底から違う所があるので、後は皆さん各々の解釈で・・・
頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク