FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

・・・とある休日

今回は主任の有本が担当します。

 

先週仕事が休みで、夕方に某大型スーパーに一人で買い物に行った時の話です。

お店に入る為、入口方面に歩いていると後ろの方から「ドサッ」という音が聞こえ振り向くと女性の方が倒れていました。初めは転んでしまったのかなぁと何となく見ていましたが、全然動かないし起き上がらない・・・

アレっと思いながら近づいて声を掛けるも意識がなく、呼吸と脈は確認ができていましたが痙攣も見られていました。

「大丈夫ですかー」という私の大きな呼びかけに周囲の方も異変に気づいてくれたようで近づいてきてくれました。

 

ここから見ず知らずの方々の協力で、ご本人対応はもちろん、救急車を呼んでくれる方、駐車場内だったので店員さんと警備員さんを呼びに行ってくれる方、車が来ない様に交通整理をしてくれる方等・・・と素晴らしい連携プレーで、そうこうしている間に救急車が到着しました。この時点で意識も少し回復し、呼びかけに反応が見られ始めました。

 

救急隊に状況の説明を行い、無事病院に搬送されていきました。念のためスーパーの警備員さんに連絡先を伝えその日は帰りました。翌日スーパーの方から連絡があり「昨日搬送された方ですが、元気になられ退院したようです」とわざわざ連絡を頂き、ホッと一安心しました。

後から分かった事ですが、実はてんかん発作を起していたとの事です。

 

当施設でも定期的に消防署職員を呼びAEDの使用方法や、心臓マッサージなどの訓練を行っています。実際に介護の現場でも、皆様、色々な既往を抱えているので急変が発生し心臓マッサージやAEDを使うといった場面も珍しくはなくなってきています。

いつ何時どんな場面に遭遇するかは分からないので、改めて普段からの心構えと訓練は大切だなぁと実感したとある休日でした。

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク