FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

トランス

今回の担当は主任の有本です。

トランスとは・・・正式にはトランスファーと言い移乗の事を指します。

 

この移乗というのは、介護の現場では車椅子⇔ベッドや、椅子⇔車いす等様々な場面で行われています。

入居者様によっては乗り移りをするのに足に力が入らない方や、立ち上がる時に介助を必要とする方がいます。それを補う為に職員による移乗の介助が必要となりますが、この移乗介助には介護職員の職業病とも言われる「腰痛」の問題もあるのです。

昔からあるボディメカニクスと呼ばれる力を最小限に抑える方法や、最近では人体の構造を理解した上で応用した古武術を取り入れた技術も多く出てきています。

 

今回は床から椅子への移乗をテーマとして、職員で集まり実技研修を実施しました。

いかに入居者様の残っている力を活用できるかと、自分自身と相手に負担が掛からないように持ち上げないという事も大事なポイントになります。

008_2017032208553940e.jpg009_20170322085541e74.jpg

写真で分かるように、床から椅子に移乗する様子です。

床から椅子までの距離があり、中腰で移乗を行うと腰への負担が大きくなる為、まず自分自身が膝をつき姿勢を低くします。

そして人間の体の中で一番重いとされる頭とお尻を同時に上に持ち上げようとすると負荷が掛かり腰を痛める原因となる為、相手の頭を前に出すことで前傾姿勢になり、自然とお尻が浮いてきます。

(ここを見ている皆さんも椅子に座った状態で立ち上がろうとして見て下さい。普段は意識をせず行っていますが、まず頭が自然と前に出ているはずです。)

そうすると頭とお尻の重心がずれるので、後は残された力の活用を意識し、立ち上がる動作を助けながら椅子へと移ります。

 

もちろんお一人お一人の状態が違いますし、麻痺の有無によっても介助方法が変わってきますので全員が同じ方法で行えるわけではありません。

その為、その方の状況に応じた安心・安全な移乗方法を皆で考えながら実践しています。

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク