FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

同時に?

突然ですが、皆さん仕事でも趣味でも何でも良いですが、物事を同時に進める事って出来ますか?
私は不器用なので全くダメなんです。しかも簡単そうな事も出来ないのです。

例えば
①ご飯を食べながら新聞や本を読む人または仕事をする人。
②風呂入りながらテレビやスマホなど風呂以外の事をする人。
③トイレに入りながら新聞や本を読む人。

まぁ上記の事に限らず、時間は有限なので上手に活用する上では良いのかも知れません。
しかし私は、一点集中型なので物事1つずつこなす事しか出来ません。
物凄く集中して1つずつ完璧に物事終わらせたいタイプなので・・・
ですから、前に「歯磨きをしながら運転する人」を記事にしましたが、そんな人は私にとって考えられない。と言いますか音楽すら車を運転する上で邪魔なくらいなもんで・・・
世の中の主婦の方は、同時進行なんて何のそのって感じですよね。育児しながら家事をスムーズにこなせるので、もはや私から見ると「神業」ですね。

余談ですが、電話の受話器(携帯でもOK)を肩に挟みながらパソコンをやる人なんて素晴らしいですね。私はその前に肩幅がなくオマケになで肩なので、受話器は挟まりません(笑)

海苔巻き

さて今日はあかりユニット職員のM・Kさんにブログを依頼。
せせらぎでは、役職者以外の女性陣は今後イニシャルで登場致します!


あかりユニットでは先月「海苔巻き作り」を行いました。
まぐろ、サーモン、かんぴょう、かにたま、玉子、きゅうり・・・
好きな具材をふんだんに選んで、
写真①

丁寧に巻いていきます。手先が器用なこちらの入居者様は、まるで職人のような
手つきで作業されていました。皆さん集中して行われています。
写真②

ご高齢の方には、海苔は食べづらかったりするので、そんな方には工夫して、桜でんぶや青海苔をトッピング。
写真③

色鮮やかな具だくさんの海苔巻きの完成です。
今が美味しいイチゴを添えていただきます!
写真④写真⑤

ボリュームたっぷりで大好評でした♪
さあ来月は何を食べようか・・楽しみですね(*^_^*)

3月認知症予防カフェ

317日(金)第10回認知症予防カフェを開催しました。

 

今回は、住民さん、事業所さん合わせて10名の参加でした。

テーマはずばり「ずーっと蔵王で暮らすための老い支度」

特に講師はお呼びせず、のんびり皆さんとの対話形式としました。

 

今回『老い支度』というテーマを選んだのは、

「元気なうちにあなたたちの施設に入れますか?」

「今のうちにどこか行った方がいいのかと思って…」というご相談、ご質問を受けることが増えたからです。

「元気なうちに」って…。皆さん、こういったご相談、どう思われますか?

元気なうちは、その幸せな生活を思う存分楽しめばいいじゃないですか!

長年暮らした大好きな土地を離れるために、大切なお金を使うことなんてないですよ!

私はそう思います。でも、どうしてもそうは思えない切実な背景があるのですよね。

 

そこで今回は、前回の「マップ作りを通した『見守られ活動』への気づき」から更に踏み込んでの『老い支度』をテーマとしたのです。

この度のねらいは、「人と人との繋がりを絶たなければ『なんとかなる!』。土地を離れる必要なんてない!」という結論の共有。とはいえ、切実な皆さんの思いを前に、共感が得られるか賭けでもあり、内心不安もありましたが、、、

・本当にどこかに行きたいと思っている人はいなよね。

・気がかりな人がたくさんいる。でも私が行っていいものか考えていたの。

・ボランティアしたいと思っていた。どうすればいいのか分からなかった。

・半年前は明日のことも考えられなかった。でも繋がりがあったから、助かったと思う。

等「地元愛」あふれる言葉の数々が聞かれ、ホッとひと安心(^^)この皆さんの「地元愛」のために私たちが今できること。それは地域における居場所づくりだと思っています。誰でも楽しく集まりながら、何かあったら相談できる、そんな居場所づくりをこれからも続けていきたいと思います。

また、皆さんの熱い思いを行動に移すことはできないかなぁ…なんてことも考えています。地元の主役は何といっても住民さん。皆さんがその思いを行動に移すお手伝いができたらいいですね。

①

↑ゆっくり本音トーク中

②

1月からの常連さん。バシッとおしゃれして登場。嬉しいですね!

③

↑子供さんたちもお客さんをお迎えするお手伝い

 

お蔭様で10回のカフェを運営できた今年度、少し地域の皆さんとお近づきになれたように感じています。今年度をステップに、来年度は更に住民の皆さんと共に地域の課題を発見し、繋がりを深められるような取り組みを「楽しく」続けていきたいと考えています!

 

次回認知症予防カフェは平成29414日(金)1400~ 刈田嶺神社社務所です。

地域の方の紙芝居や、在宅介護の経験等々、盛りだくさんの内容でお待ちしています!

どなたでも気軽に足をお運びください。

※認知症に関わらず、介護保険や福祉に関するご相談のある方はどうぞこのカフェでスタッフにお声掛けください。

※聴覚に障害のある方のご相談には、宮城県聴覚障害者情報センター「みみサポみやぎ」との連携の上対応させていただきますので、事前にせせらぎのさと蔵王・松﨑、中島(tel0224-34-1511/fax0224-34-1512/mail m.matsuzaki@zao-fukusi.jp)までご連絡ください。

トランス

今回の担当は主任の有本です。

トランスとは・・・正式にはトランスファーと言い移乗の事を指します。

 

この移乗というのは、介護の現場では車椅子⇔ベッドや、椅子⇔車いす等様々な場面で行われています。

入居者様によっては乗り移りをするのに足に力が入らない方や、立ち上がる時に介助を必要とする方がいます。それを補う為に職員による移乗の介助が必要となりますが、この移乗介助には介護職員の職業病とも言われる「腰痛」の問題もあるのです。

昔からあるボディメカニクスと呼ばれる力を最小限に抑える方法や、最近では人体の構造を理解した上で応用した古武術を取り入れた技術も多く出てきています。

 

今回は床から椅子への移乗をテーマとして、職員で集まり実技研修を実施しました。

いかに入居者様の残っている力を活用できるかと、自分自身と相手に負担が掛からないように持ち上げないという事も大事なポイントになります。

008_2017032208553940e.jpg009_20170322085541e74.jpg

写真で分かるように、床から椅子に移乗する様子です。

床から椅子までの距離があり、中腰で移乗を行うと腰への負担が大きくなる為、まず自分自身が膝をつき姿勢を低くします。

そして人間の体の中で一番重いとされる頭とお尻を同時に上に持ち上げようとすると負荷が掛かり腰を痛める原因となる為、相手の頭を前に出すことで前傾姿勢になり、自然とお尻が浮いてきます。

(ここを見ている皆さんも椅子に座った状態で立ち上がろうとして見て下さい。普段は意識をせず行っていますが、まず頭が自然と前に出ているはずです。)

そうすると頭とお尻の重心がずれるので、後は残された力の活用を意識し、立ち上がる動作を助けながら椅子へと移ります。

 

もちろんお一人お一人の状態が違いますし、麻痺の有無によっても介助方法が変わってきますので全員が同じ方法で行えるわけではありません。

その為、その方の状況に応じた安心・安全な移乗方法を皆で考えながら実践しています。

リクエスト結果

3/22にヘッピー島画伯に対する次回作のリクエストを募集して、多くの方からのコメント有難うございました。募集の結果下記の様になりましたのでご報告致します。

『節約ドットコム様』

入居者さんを島さんタッチで描いてみてはどうでしょうか? 
実物と絵のビフォーアフターみたいな感じで分かりやすいかもしれません?

『ゆるパパ様』

是非、是非、よれしければゴジラをお願いします!とりあえず描いて頂ければ、今のでも、昔のでも、ハリウッドのでもいいのですがーーッ! 個人的でゴメンなさい

『ichan様』

素晴らしい!! 
七つの大罪のエリザベスちゃん(現代)を希望。

『もっさん様』

相変わらず素晴らしい画力ですね 
ドラクエⅤの主人公の女性版のイメージでお願い致します

   『えいしん様』
 「島画伯」にリクエストですか~。   とっても迷います。 
  出来ることなら、「ジブリ」シリーズで、 
  トトロのさつき&メイ、魔女の宅急便のキキ&ジジ、 
  そしてナウシカ&テト、等、お願いしたいです! 


皆さまご要望有難うございました。今回のこの企画「ヘッピー島画伯」自らの申し出です。皆さんどうか最後までお付き合い下さい。
恐らく仕上がりは来月以降になるかと思います!!




パンの運命

前回のの勢いそのままに今日も給食ネタをo(^▽^)o

前回ののマヨ対決はいかがでしか?覚えてますか?
覚えてない方はこちら⇒3/16マヨ対決
もう1つネタがあったのですよ・・・
昨日登場したブー&タカの話ですが、今回はタカの話です。
と言いますかこのタカって人物は食べ物に対しての執着心が強い。
普段は温厚な性格なのですが食べ物が絡むと人が変わります。

いつもの給食の時間です。既に皆の所に給食も行き渡りました。
さて「いただきます」のタイミングで一匹のハエがプーンと飛んできてタカの食パンにピタリと止まってしまったw( ̄o ̄)w
すると次の瞬間・・・・・・


『もう~こんなの食わねぇわー!!」

と食パンを鷲掴みにして思いっ切り床に叩きつけた・・・
しかも彼は泣きながら怒っている(笑)
笑っちゃいけないが笑える。だって泣きながら本気で怒っているのですよ。

そしたら次の瞬間「チューチュー」と何かを吸っている。
そう~苺ジャムだけを吸い始めた(画像参照)
ジャム 
しかもですよ何個も泣きながら吸い始めた・・・
と言いますかどうやら机の中にいつのか分からない苺ジャムのストックが入っている。
苺ジャム以外にもピーナッツとかも入っている。
恐らく余ったやつとかを今まで溜め込んでいたのだろう。
何れにしても、タカお前は一体なんやねん?
面白すぎるじゃないか(笑)

以上~二日間に渡り給食ネタをお伝えしました(汗)

3月のイラスト

ヘッピー島君のイラストコーナーです。
先月に引き続きポケモンコーナーです。もちろん今回も模写ではなく彼のオリジナルです。

島君よりお知らせです(^∇^)ノ
皆さんからのイラストのリクエストを募集致します。
どんなジャンルでも任せて下さい!!との事です。
こんなジャンル、こんな感じ等と意見を頂ければ有難いです。
コメント欄から頂けたら次回島君が描くそうです。
3月②3月①3月③

赤ちゃん

さて今日はタイトル通り、ホッコリする様な記事をお届け致します。
今年度は目出度く職員の出産が続きました!!
一挙に3人の赤ちゃんをご紹介します。
1枚目の写真から男の子、女の子、女の子です。
皆さん同級生になりますね(*^_^*)
歩く様になり施設に遊びに来た時は賑やかになりそうですね。


DSC_0029.jpg
DSC_0164.jpg
008_20170310135815c9e.jpg

健康診断

先日に職員の健康診断が行われました。
今は便利な世の中となりクリニックまで行かなくても施設まで来て頂き、施設内で各項目の検診を受ける事が出来ます。
バスの中では胸部レントゲンや胃の検査まで出来てしまいます。
職員自体が健康でいないと元気に仕事も出来ません。
やはり健康第一ですね。
007_2017031016130721f.jpg002_20170310161308755.jpg

採血ですが既に小室リーダーは泣いている様ですw( ̄o ̄)w
003_2017031016131085b.jpg
005_20170310161311b8e.jpg

※ちなみに山田リーダーの話では、採尿のプラスチック容器にヒビが入っていたとの事で、大変な事になった様です(笑)
不良品に当たるとは、まさにミラクル・・・神ってますね!
上の写真は採血を終えた介護員タカハシです。山田リーダーではないので注意して下さい。メガネが多くてすみません・・・

マヨ対決

施設長のつぶやきコーナー今日もまた砕けますか・・・
凄くどうでも良い話ですが、私は大人になった今でもマヨネーズを見る度に、ある1つの事件を思い出します。それだけ強烈な印象だったのでしょうね(笑)

小学校4年生の時の話です。
いつもの教室、いつもの楽しい給食の時間が大悲劇に(≧∇≦)

さすがに当時のメニューまでは覚えていませんが、とにかくサラダ(レタスやキュウリ)があったのは確実です。小学生の頃の給食の時間だけは何故か6名位で1つのグループになり机を横並びにして食事をしていました。
私の隣にいた男子2名ブー&タカ(ニックネーム)が今回の事の発端です。
ブーが何かの拍子にタカのスープをこぼしてしまい、それに激怒したタカはブーに掴みかかりました。
さて、このブーですがニックネームの通りで想像するとお分かりの通り、身体がクラスで1番デカイのです。一方タカはクラスで1位2位を争う程の小柄な少年・・・
勢いよく掴みかかったのは良いのですが、あえなくブーの一押しで飛んで行く始末。
ここで何を血迷ったかタカは、サラダ用に付いていたマヨの封を切り手にベタベタと塗り始めるではないか・・・(画像参照)

さすがに私もまさか・・・とは思いましたが
そのマ・サ・カの光景が(゚д゚)
マヨ 
そのマヨでベタベタになった手でブーの顔や髪の毛に塗り塗り戦法で逆襲・・・
すかさずブーも怯むと思いきやマヨの封を切り同様の攻撃で更に反撃。
この少量のマヨでは足りないのか、今度は周りの人のマヨまで奪っていく。
最初は周りも面白半分に見ていたが、色んな所にマヨが飛び散り被害が拡大。
当の本人達も顔や髪の毛が凄い事になって誰だか分からない始末。
因みにいつもは担任の先生も一緒に給食を食べるのですが、この日に限って送れて教室に入って来ました。担任も一瞬何が何だか分からない光景に唖然としていました。
勿論、この後彼ら2人はこっぴどく担任から説教。
しかもその後何故か皆で教室の掃除。。
掃除をしたはずの教室、1週間位うちのクラスだけ変な臭いが続きましたとさ(笑)

認知症ドライバー(補足)

2/27の記事にて認知症ドライバーについて取り上げました。
補足として、免許更新のみで認知症の有無を判断される訳ではなく、写真の様に道路交通法の違反行為をした方も、(正確には認知機能が低下した場合に見られるような行為の違反)認知症の判定が行われて医師の診断で認知症と診断されれば、その時点で免許取り消し・停止の処分がある様です。
それでも、タイムラグが発生する制度ですが・・・

DSC_0170.jpg DSC_0172.jpg

会議=山田

なごみユニット ユニット会議

先月のユニット会議の様子です。毎月会議を行いますが、せせらぎのさと蔵王には大きく、運営会議、リーダー会議、ユニット会議の3つがあります。施設運営の為の大きな会議は運営会議ですが、入居者様に直接係る会議はユニット会議となります。

以前のブログでも紹介して頂きましたが、この3つの会議に参加しているのは


山田だけです!!!!!

・・・ゴホン!!失礼しました(._.)

 



運営、リーダー会議からの報告は勿論、入居者様の体調の変化、ケア内容の確認、行事内容の取り決め等、ユニット会議の内容は非常に濃いものとなります。施設理念に掲げている「家族」だからこそ真剣に考えております。

写真①CIMG2952.jpgCIMG2951.jpg

~天の声より~

でもこの3枚の写真を見る限り山田君はどこにも写っていないのでは・・・?

繋がり

先日、前職場の同僚が私の施設に訪ねてきました。

皆さんARTS for HOPEさんと言う団体をご存知でしょうか?
私も去年話を聴くまでは、恥ずかしながら知らなかったのですが、東日本の震災後色々な被災地を回り物づくり(ハッピードール)や心の支援として活躍されている団体です。
被災地支援する以前からも医療、教育、美術等の各分野の協力者と連携を取りながら、長期に渡り活躍されています。
そんな『ARTS for HOPE』さんに所属している元同僚の彼女から今回、高齢者施設でも何か支援をしたいとの希望があり、今後当施設でも5月以降に支援の依頼をする事となりました。
現在は、被災地支援の他にも児童、障がい、高齢、病院等での支援を続けているとの事です。

こちらがARTS for HOPEさんのホームページです。詳しい活動内容が載っていますので是非ご覧になって下さい!(ARTS for HOPEの文字をクッリクしてね)
無題3 (2) 無題 (2)

こちらがハッピードールプロジェクトです。入院中の患者さんやご家族、職員さんが作った作品を院内へ展示して、次の病院へリレーしていくプロジェクトです。
当施設でも入居者さんと一緒に素敵な作品が作れる様に頑張ります!!
② 

お互いに現在の職場は違っていても連絡をくれた元同僚に感謝したいと思います。
やはり人との繋がりは大事だと再認識しました。

施設内研修(山田)

先日施設内研修を行いました。

申し送れました・・・

もう既にイケメンなのは皆さんご承知の事。

実はせせらぎで1番頭脳が良いと言われている山田です!!


さてさて本題の研修についてです。

一つ目は2グループに分かれ、互いに違うイラストを見て、事故に繋がらなくても、事故になっていた可能性のある体験や事例、つまりヒヤリ・ハットを考える研修です。

大きな事故が1件起これば、その背景には小さな事故が29件、ヒヤリ・ハットが300件起きていると言う、「1:29:300」のハインリッヒの法則と言うものがあります。

介護職員の私たちは常に事故の危険性と隣り合わせであり、事故を未然に防ぐ為にもヒヤリ・ハット報告書は非常に大事になります。残念ながら事故を0にする事は不可能ですが、0に限りなく近くする事は可能です。今回の研修は職員一人ひとり視点や考え方が違っており、改めてヒヤリ・ハットの重要性を認識した研修でした。

写真1写真2

二つ目は24シートの研修です。24シートとは入居者様一人ひとりの生活を時間軸として表し、起きてから寝るまでの様子を一覧化したものです。特別養護老人ホームの基本方針として「入居前の生活と入居後の生活が連続したものとなる」とあります。

自宅で出来たのに、施設で出来ない・・・ありえません!!!

少人数で顔見知りの関係、自宅での生活をそのままに生活して頂くのがユニットケアであり、その入居者様の暮らしぶりを表しているのが24シートです。職員間の情報の共有、誰が見ても同じケアが出来る等、メリットが多くあります。

開設時から作成、更新してきましたが、今一度24シートの理解と知識を深める為に、この研修を開催しました。

写真3写真4

このように、せせらぎのさと蔵王では年間を通し、多くの内部研修を開催しています。個々のスキルアップ、入居者様により良いケアを提供する為、日々精進しております。

ユニット費

 今日は有本主任からの報告でーす!

皆様突然ですが、ユニット費というものをご存知でしょうか。

ユニット毎にしつらえ品、入居者様用の飲物、レクリェーション、外出時や行事の費用等の様々な場面で活用のできるお金の事を言います。

ユニット毎に自由に遣う事の出来るおこずかいと考えて頂けると分かりやすいかと思います。

毎月の月末に出納簿のチェックを行っており、これもユニッケアの醍醐味でもありますが、ユニット毎にカラーが見られています。

 

例えば・・・

○行事を盛大に行うユニット

○定期的におやつ作りをするユニット

○外出を定期的に行うユニット

○きれい好きな職員が集まるユニットでは掃除用品を買い揃えたり、しつらえに力を入れるところもあります。

 

各ユニットの入居者様や職員の違いもありますが、ユニット費の活用によって、職員のモチベーション向上にもつながっているようです。

また当施設では、毎月ユニット毎に支給し、年度末まで繰越が可能、年度末で精算という方法をとっており、管理を各ユニットリーダーが行っている為、各リーダーごとの計画性も出納簿からも見えてきます。

003 (6)CIMG2181.jpgCIMG2354_20170222101732f2f.jpg

3月行事食

今日は管理栄養士からのご報告\(^o^)/

先週は雛祭りだったので、ちらし寿司を提供しました。


blog1_20170302171036fab.png

*ちらし寿司

*すまし汁

*煮物

*菜の花のお浸し

*杏仁豆腐


2月の給食委員会では、3月に初めて施設で餃子を出すことになり、その提供方法を考えました。

餃子は私たちにとっては皮がパリパリとしていた方が美味しいですが、高齢者にとっては噛みにくかったり、冷めてしまうと硬くなって結局残すことになったり…でも餃子の焼き色がないと食欲が湧かない、などなど。

結果、すでに焼き目がついた餃子を柔らかく蒸し上げて提供することになりました。

また、今月は嗜好調査の対象の月ですので、入居者様1人ひとりに実施していく予定です。

お知らせです

当施設のブログですが、去年9月から始めお陰様で半年を経過しました。
今では多くの方に訪問して頂き色々な方と知りあえた事に感謝致します。

今日は、お願いと言うかお知らせがあります・・・
半年間ブログを毎日アップしてきましたが、年度末と言う事もあり本来の業務が滞ってしまう恐れがある為、現在は帰宅してから記事作成を行っています。
そこで今後もブログを継続する上で無理のないスタイルでブログをアップしていきたいと思っています。
今後の方向性としてしばらくは、下記のスケジュールでブログをアップする予定です。



①月曜~木曜(施設や地域情報に関する記事)
②月曜~木曜の間に突然現れます(施設長のつぶやき)
③金土日(記事のお休み)



※皆さんのブログ訪問は今まで通り毎日お伺いする予定ですが、その日の時間の都合により以前よりはコメント残しが減る可能性もあります。
誠に勝手ですが、今後とも「せせらぎのさと蔵王ブログ」を宜しくお願い致します!

何でやねん

今回のタイトル通り最近、嫌・イヤ違う。
ずっと前から思っていた事をつぶやきます。

私始め施設の職員は全員が車通勤なのですが、車を運転していていつも思うことがあります。と言いますか危なくてヒヤヒヤする時もあります。
こちらの地域は田舎なもんで、国道以外の殆どが一車線の道路です。
私は普段から特にスピードを出す事もないのですが、普通に道路を走っていると急に私の目の前に車が入って来たりします。そしてこの様な車は大抵の場合スローな車が多いのです。
「そんなに急いで車線に入って来たのだから、さぞかし急いでいるんじゃ・・・」と思いますが、やたらと遅いのです。下手すると30~40kmくらいのスロー走行をされます。だったら最初からそんなに無理に車線に入ってくるなよと思うのですが・・・

後はその逆もいますが、2車線以上の道路で普通車線を走っていると、ビッタリと後ろにくっついて来る人。特に左折する訳でもなくそんなに急ぐのなら追い越し車線を走れば?と思うのですが。

その他にもウインカーを付けっぱなしで走行している人。
内心「おいおいいつ曲がるんだよ~」と思いながら、危ないのでだいぶ車間距離を空けますが。
でも、仮にオーディオ等を聴いてて、ウインカーの音に気付かなくても、ウインカーの表示ランプが視界に入らないのかなぁ~といつも不思議に思います。かなり走っても気付かないみたいです。

今回の記事、だからなに?って事ですが、車の運転一つにしても「何でやねん!」て場面がよくあるので一度はつぶやいてみたかったのです。
皆さんも車の運転には十分気をつけて下さいねヽ(´∀`)ノ

想像

今日の施設長のつぶやきコーナーは・・・
そうですねぇ最近特に思うことがあります。
何かと申しますとこのブログやツイッターに関連する事ですが、恐らく皆さんも1度は感じたり思った事はあるのではないかと思います。
それはブロガーさんやフォロワーさん達の見えない相手が一体どんな人なのか?

お陰様で今では多くのブロガーさんとも知り合えましたが、やはりそこはリア友の世界ではないので、訪問してくれる方は一体どんな相手なんだろう?と考えますね。
ツイッターで言えば、男性だと思ってた方が意外と女性だったりその逆だったり。
また、コメ自体が凄く今風の?!言葉を使っているので、勝手に若い人だろうと思ったら実は自分よりだいぶ年上だったりその逆はあまりないかなぁ・・・(笑)

まぁ人は実際に見えない相手に対しては、自分の経験で物事を判断する為、勝手なイメージでその人の「像」作り出します。
特に男女問わず良いイメージが強く相手を美化する傾向があると思います。
よくオフ会などもありますが、良くも悪くもだいたい自分がイメージした人と違ってたって事がある様ですが・・・

どうですか皆さん!
皆さんも周りのブロガーさんやフォロワーさんの事を想像してみて下さい(^∇^)

寒いけど元気です

今年は雪が多いですね、蔵王山も真っ白になっています。
施設付近も雪が降ると真っ白に染まります。
雪の季節はこの白さも恒例風景ですね(o‘∀‘o)*:◦♪
スノボーをする私にとっては雪はちょっと嬉しい限りです(笑・・・小室)

寒くてもユニットの皆さんは元気に過ごしています。
中々外に行けない時もある為、職員達のアイディアで部屋の中で楽しい事を見つけ入居者さんと一緒に行います。

この写真は体操をしている写真です!
写真1

CDをかけちょっと変わった体操です☆
方言のあるラジオ体操の曲です。
方言なので聴きながら笑ったりと笑顔になりながら体を動かしポカポカです。
写真2

体操の後は、真剣勝負で風船バレーです☆
皆さん真剣な表情で職員も本気を出してしまいました(笑)
他の入居者さんは、神経衰弱勝負です。
相手の表情を見逃さない様に、お互いオーラがすごいですね。
寒くても体を動かしたり笑ったりする事で体も心も元気な日々です!
写真4写真5

工事中

現在、せせらぎのさと蔵王の隣の敷地は大工事中です。
よく入居者さんのご家族からは「増築するの?」と聞かれます。
まぁ隣の敷地と言っても、当法人の理事さんの土地ですが・・・
何が出来るかと言うと、それはまだお答えできません。
全国初めての試みで少なからず当施設にとっても有難い設備となります。
001_20170128141038b75.jpg005_20170128141040d6c.jpg

写真で見ての通り、施設オープン当初はここに数多くの並木がありました。
初めて当施設に来る方は、今まで木が多くメイン道路から見えにくい為、通り過ぎてしまう方が多かったのです。でも、木を伐採してからは施設も道路から見やすくなりました。

あれ?!写真に誰か写りこんでいますね。
1枚目の写真を確認しても誰も居ませんでしたが・・・
002_20170128141041be4.jpg

もう少し寄ってみますか・・・
何か見覚えある様なシルエットですねぇ
しかも港でもないのに、岩を見て黄昏ています。
更に寄ってみますか・・・
003_20170128141042b6d.jpg


(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

おい!山田ぁぁぁ・・・ちゃんと仕事してくれー!
油断もスキもない、カメラ向ける所に山田ありなので・・・
今年はちょっと飛ばしすぎじゃぁ。
メガネも上下逆になってるしW(`0`)W
最近他の人のブログにまで登場しているから調子に乗りすぎじゃ・・・
もっさんブログ(←ポチッとクリックしてね)


あれ?!一体この記事の内容何でしたっけ?
そうそう工事の話でした。最後は全て山田リーダーに持っていかれました。。
004_201701281410448d4.jpg

第9回認知症予防カフェ

 松﨑課長よりご報告です。

29.2.179回認知症予防カフェを開催しました。

今回もビッグゲストをお呼びして、地域のマップ作りを行う予定でしたが、なんと当日の朝一番で「熱が出てダウンしてしまった」とのご連絡。

ビッグゲストは私が勝手に師匠と呼んで尊敬する方。すっかり大船に乗ったつもりでこの日を楽しみにしていたので、朝から大慌てです!

でも、仕方がない。私が代わりにマップ作りの進行をさせて頂くこととなりました(お集まりの皆様すみませ~ん)

この日は、前日からの穏やかな春の陽気がお昼過ぎに一変。強風と本格的な雨。まるで私の心を映し出すかのようです。

こんな悪天候だし、進行役は私になってしまったし、いっそ人が少ない方がいいかも・・・なんて弱気になったのも束の間。

傘をさして、長靴を履いて、いつも通り20名の方が集まってくださいました()

①


こうなったら、弱気になんてなっていられません。

ウェルカムミュージックをお願いした、蔵王町役場の誇るテノール歌手我妻健太さんの明るく熱いカンツォーネにも励まされ、師匠から送られてきた『虎の巻』片手に、どうにか進行をさせていただきました。住民さんも協力してくださり、あれ?むしろ進行要らず??という盛り上がり(^^) 無事楽しいマップ作りができました!

②

↑お仕事お休みとってのご来場(アリガタヤ!!)


③

↑本格カンツォーネは楽しい解説つき♪


④⑤⑥

↑ワイワイガヤガヤ(^^)


今回取り組んだのは、「住民歴書」と「エコマップ」ならぬ「エゴマップ」の作成。

実は、ワイワイガヤガヤ楽しくお喋りすることがポイントで、知っていたようで知らなかったお互いの暮らしぶりが分かったり、何かあったら「どういう風に暮らしたいのか」という『意思表示』ができるという仕掛けでした。

よくサロン活動等を通して「見守り活動の重要性」が話し合われることが多いですが、このエゴマップが目指すのは「見守られ活動」です。見守られるためには、まず「自分はどう暮らしたいか」意思表示をする事が大切です。今回のカフェで、ちょっとだけその意思表示ができていたら嬉しいです。

でも、それより何より、このワイワイガヤガヤの中で飛び出すお話の面白いこと!素晴らしいこと!!

皆さん、ねっからの働き者で、とってもまじめで、でも明るくたっっっぷりのユーモアがあって、人のつながりを大切にされて・・・・・・もう!蔵王町がますます大好きになりました(*^^*)

⑦

↑さすが遠刈田温泉。皆さん、毎日のお風呂は公衆浴場!ご自宅に湯船を持たないお宅も多いのです。

ダンベル体操やお茶飲みも楽しみいっぱいです(^^)



さて、次回第10回認知症予防カフェは、以下の日程で開催します。

平成29317() 1400-1530

場所は変わらず、刈田嶺神社の社務所をお借りします。

テーマは、「ずっと蔵王で暮らすための老い支度」

何十年と暮らしてきたこの蔵王町、たとえ家族が近くにいなくてもお友達ならたくさんいる蔵王町。ここでずーっと安心して暮らすことはできるのか?ご一緒に考えてみましょう!!

皆様のお越しをお待ちしています。

 

※認知症に関わらず、介護保険や福祉に関するご相談のある方はどうぞこのカフェでスタッフにお声掛けください。

※聴覚に障害のある方のご相談には、宮城県聴覚障害者情報センター「みみサポみやぎ」との連携の上対応させていただきますので、事前にせせらぎのさと蔵王・松﨑(tel0224-34-1511/fax0224-34-1512/mail m.matsuzaki@zao-fukusi.jp)までご連絡ください。

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん
リンク