FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

体重測定

施設では毎月体重測定を実施しています。

では、何の為に実施しているのか?以下管理栄養士からお伝え致します。



<体重測定がなぜ必要なのか?>

栄養状態の評価、②水分バランスの評価の二点だと考えます。

 

①栄養状態の評価

栄養状態の評価は1日3食の食事摂取量と、体重の増減と、血液検査の結果(毎月行うものではないため、検査結果がある場合のみ)などを組み合わせ総合的に考えます。

ご高齢になると、3食しっかり食べることができていても臓器の機能が低下しているせいで、きちんと吸収できていなかったりします。一方、しっかりと吸収してお元気な方もたくさんおられます。また、甘いものの食べすぎ・飲みすぎで体重オーバーになってしまう方もおられます!

その方の性別と身長から、健康でいられる「適正な体重」を割り出し、適正体重に近づけられるよう食事量も調節していきます。間食は楽しみですが、ご本人と相談しながら健康状態に影響が出ないよう各職種で調整していきます。

毎月の体重測定結果から現在の摂取方法や量が適正かどうかを各職種で検討します。

 

②水分バランスの評価

水分を摂ることで、体温調節や筋肉を動かす働きにより、季節に応じて体をその環境へと適応させます。さらに血液として栄養素を全身に運び、汗や尿として老廃物を体外に出すという重要な役割もあります。脱水症状になると、血液の濃度が高くなり様々な症状を引き起こします。しかし、水分の摂りすぎは各臓器に負担をかけてしまいます。

日々摂っている水分の量が適正であるかどうかも、体重を見ながら判断していきます。

 

このように、毎月の体重測定は重要な役割を担っています。

CIMG2807.jpgCIMG2812.jpgCIMG2813.jpgCIMG2814.jpg

頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん

 

みーコバルトさん

 

バケツさん

 

みーコバルトさん

 

みーコバルトさん
リンク