FC2ブログ
プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

ハロウィン(なごみ)

今日はハロウィンですね。
今日は、世の中どの位の人が仮装やパーティーを行うのでしょう・・・
ちなみに先日大阪のUSJに行った時、もの凄い数の仮装の人達がいました。もちろん一般人ですよ、被り物と言うより本格的なメイクをしている人達が多数いました。

さてさて、なごみユニットでは、10月誕生会も兼ね一足先にハロウィン!!
001_20161028150848ab7.jpg

10月誕生該当者は、全体で3名そのうち、なごみユニットは2名。
めでたく96歳、84歳を迎えられました。

アレレレ・・・有本主任、お面を被ってノリノリじゃないですかぁ!!
コスプレ大好き?!介護員タカハシも押され気味ですね笑
※凄く好評だった「介護員タカハシ」をまだ見てない方は、9/27のブログをご覧下さい。
007_20161028150849a2b.jpg008_20161028150851645.jpg

プレゼントととして貰った掛け時計を見て「あら、こんな素敵なの頂いて」と喜ばれていました。
せせらぎでは、事前に欲しい物や食べたい物を聞き取りしています。外食が良い方には、もちろん外食に職員と出掛けます。
009_20161028150852802.jpg

1Fあかりユニットの職員が、2階なごみユニットに偵察?!に来ています。
「よしあかりも負けないで、頑張ろう・・」と呟き下りていきました(^∇^)
014_20161028150854256.jpg

<地域プチ情報>
私も知りませんでしたが、蔵王町ではチャセゴ(ちゃせんこう)と言う行事があります。
「どんと祭」の時に、こども達は家々を訪ね歩き『アキの方からチャセゴに来したと言うと、お菓子がもらえると言う、ハロウィンに似た行事なのです。
また、どんと祭とは、宮城県では、毎年1/14に行う、神社の境内で正月飾りなどを御神火にあたることで一年の無病息災・家内安全を祈願する「どんと祭」というものが行われます。

このチャセゴ、そもそもは子どもが「福の神」として家にやってきて、訪れた家は幸せになるという意味があって、250年ほど前から続いていると言われています。
「アキの方」とは、「福の神が住んでいる方向」という意味なので、まさしく子ども達は福の神なのです(『アキの方』の方角は毎年変わります)。
お菓子をあげるのは、「幸せをもたらしてくれたお礼と、お菓子と共に災いの元も持って行ってください」という意味があります。

※昨日、一昨日となまりや方言について記事を作りましたが、言葉だけではなく、慣わしや風習など地域によって様々ありますね。

方言


※昨日の記事から続いてます。今日初めて読む方は、昨日の記事(なまり)から読んで下さい。また、スマホでご覧の皆様、PC版の方が見やすいので、画面右上にあるPCをタップしてPC版でご覧下さい。


さて今日は、方言をいきましょうか。
特定の地域だけで使われる言葉・・・



忘れもしません、あれは大学での話です。私は日本福祉大学(愛知県)の出身ですが、その時のワンシーンです。
私「ねぇそこにある○○取って」
A君「二つあるけどどっち?」
私「ちゃっこい方」
はいクラスは大爆笑・・・

私は普通に何も考えず口から出たんですねぇ。みんな口を揃えて「ちゃっこい」って何・・・?と。
どうしても地元名古屋の方が多い為、通用する訳もありません。しかし、クラスに他2名東北人いたんですね~しかも1名宮城!彼らは「解ってるよ」みたいな表情で、私とアイコンタクト
まぁ簡単に言いますと「ちゃっこい」は「小さい」と言う意味です。
その他にあります。例えばクラスでグループワークを行い、グループの代表がマイクを使って発表します。私が発表する場合、だいたいクラスはざわざわします。すみませんね~なまってて。しかも、スピーカーを通して自分の発する言葉を聴くと、自分でも可笑しくなります。
ところで、ところでですよ、方言やなまりですが、カラオケの時ってなぜ皆さん標準語になっているのでしょう・・・これは私の中の七不思議の八番目にランクしています。まぁランク外だからどうでも良いってことか。。



宮城ネタが飽きてきたところで、他県の方言いきますか。
私は、山形県にある東沢バラ公園(750種、2万株のバラが咲いています)によく行くのですが、その日も子供(当時0歳~1歳)を連れて遊びに行きました。ある年配のご夫婦が私たちファミリーに声を掛けてきました。色々話しているうちに子供に対して「この子わにないなぁ」「本当にわにないなぁ」とご夫婦が何度も仰ってました。私は、初めて耳にする言葉でした。でも、山形県は宮城県のお隣の県、少なからず山形県の人とは、結構関わったことがあるのに、全くの初耳・・・
ですから、この時点では全く意味が解りませんでした。恐らく子供だから「可愛い」とか「おとなしい」とか良い意味の方だろうと思ってました。まぁ方言の意味もそうですが、どちらかと言うとどこの地域の言葉?の方が興味ありました。

早速ぐぐってみました
長野県(はにかむ、人見知りをする)
群馬県(はにかむ、恥ずかしがる)
結局ご夫妻は「わにない」「○○ない」と言っていたので、人見知りをしないって事を言ってたんですね。長野または群馬の方が観光で来られてたのでしょう。

そうれでは、もう1つ
結構最近のことです。その日は、仕事が休みでしたが、用事があったので子供を連れて職場に行きました。あるご家族が入居者さんの面会に来ていました。そのご家族が袋からプリンを取り出し「ほらこびる」「ほらほら~こびる」と子供にプリンを差し出してきました。私はこの時も全くの初耳で「こびる・・?」とはなんぞや?
媚びる???
子供がそのご家族に何か媚びたらプリンをくれるのか?もしくはプリンその物をこびると呼んでいるのか?

はいまたぐぐってみました。
岩手県や福島県の方言らしく、漢字にすると「小昼」でおやつを意味します。
説明によると、昔は人力で農作業を行っていたため、1日3食では途中でお腹が空くため10時と15時に食事をしていた。それが今のおやつになったらしい。
ただ、岩手県や福島県に限らず、多くの地域で使ってた言葉みたいです。


最後にもう1つまた宮城版に戻ります(もう少しだけお付き合い下さい)
これが私の人生の中で1番意味不明だった方言。
よくうちのじー様が、私が小さい時に使っていた言葉です。

「ごしぇっぱらやける」

えっ?何が焼けるって?それとも妬ける

もうここまで来ると、何が何だかか解らない・・・それ宇宙語ですか?


でも少なからず当時のじー様は、私に対して怒りながら言っていた。
もうぐぐる必要はない。初めて言われた時は、何の事だか解らなかったが、イタズラっ子だった私は、数回で意味が解った。



もう皆さんご察しの通り「腹が立つ」の意味です。


色々と言い方があるそうですが、うちのじーさまは「ごしっぱらやげる」が多かったと思います。
また、怒るは「ごっしゃぐ」と言う方言もある。


さて、今日もちょっとした「おさらい」いきますか?昨日の続きなので、復習として濁音、変語尾、変換、方言が入るけど。
標準語⇒「全然言う事聞かないで、怒るぞ! 結局言う事聞かないし、あ~腹が立つ」

濁音&変語尾&変換&方言⇒「ぜんぜんゆうごどちがねぇで、ごっしゃぐど! けっちょくゆうごどちがねぇし、あ~ごっしぱらやげるにゃ」

※当時の私は相当なイタズラっ子だったのでしょう。何度も言われた記憶があります。


最後に
二日間お付き合い頂き有難うございました。
ちなみに宮城県の方言で調べてみたら、私の知らない言葉が数多くありました。
逆に方言を全て知っている人や、全て使っている県内人はどの位いるのだろう・・・

さて、昨日からぶつぶつと呟いてみましたが、なまりや方言は地域独特の温かさや味があり、個人的に凄く好きです。普段入居者さんと会話する時も、キレイな言葉や標準語を話したとしても、スムーズなコミュニケーションは取れません。
何事もそうでしょう、人は自分と共通する点があると落ち着き、共感が持てるものです。言語もそのうちの一つです。お互いになまりや方言があった方が会話が進みます。



なまり

※スマホでご覧の皆様、PC版の方が見やすいので、画面右上にあるPCをタップしてPC版でご覧下さい。

週末は、色々と私(日下)が呟いてみます。
長文になりそうなので、今日・明日とお伝えします。



普段入居者さんと会話をしていると、色んな方言やなまりが混ざっています。

まぁ入居者さんに限らず、特に私たち東北人は顕著に・・・

うちの施設は、広域型なので他市町村もしくは県外からも入居できます。

福島県や山形県の方も入居されています。


では、方言やなまりとは何か・・・?
似ているようですけど、ちょっとニュアンスが違います。

なまりは、標準語に比べて、地域特有の発音をさす。アクセントやイントネーション、発声法などの違い。

方言は、共通語に対して、ある特定の地域だけで使用される言葉をさす。


では、今日はなまりから攻めていきましょうか

東北人は凄いですよ~笑

なぜか言葉全体に濁音が多い。
なぜわざわわざ「〃」つけるのか?私にも解りません・・・気付けば私の言葉も濁音だらけ・・・

よく全国放送のテレビで、東北人が取材を受けているシーンがありますよね。もちろん全国なので、かなりの確率で字幕が入る・・・洋画でもないのになぜ字幕
もちろん、宮城県バージョンなら私は字幕なしでも理解できる。逆に都会の人には理解できないだろうと優越感さえ感じる。
ただし、私にも東北は東北でも他県の言葉は字幕がないと少しキツイ。
逆に私個人的な意見ですが、濁音じゃない方が発音しやすい時もある。阪神タイガース福留選手「ふくどめ」が正解ですが、私の場合「ふくどめ」の発音が難しく「ふぐどめ」になってしまう。何なら濁音なしの「ふくとめ」の方が言いやすい。標準語を話す人には解らないだろうこの苦しみ。
また、私の場合「ま行」と「ら行」が大嫌い。とても発音しにくい、風邪で鼻が詰まっている時なんかは、もうヤバイ・・・

ちょっと例題(変語尾へん)
○○に行こうよ(標準語)
○○に行ぐべ(宮城県ちょい南の方)
○○に行ぐべは(恐らく山形県)
○○に行がねっが(恐らく福島県)
長い間、介護士をしていた時によく耳にした言葉でした。

その他にも宮城県の場合、語尾にべ、ちゃ、にゃ、わ、は、が付くことが多いです。
「ちゃ」をよく使うと、うる星やつらのラムちゃんか!とよく昔言われたもんです。「うる星やつら」知ってます?世代的に知らない人はぐぐって下さいo(^▽^)o
でもSMAPの中居さんは、「だべ」や「べ」をよく使っているので、親近感が沸きます。


それからもう1つこれは私の中でネーミングをつけましたが
何その変換!!
例えばですよ「きゅう」⇒「ちゅう」 「きょ」⇒「ちょ」に変換してしまう。
結局、「き」を「ち」に変換しているんですね。
どちらかと言うと年配の方が変換しちゃいます。さすがに私も変換はしません。

ちょっと例題(変換へん)
「免許:めんきょ」⇒「めんちょ」 「勉強:べんきょう」⇒「べんちょう」
「野球:やきゅう」⇒「やちゅう」 「急に:きゅうに」⇒「ちゅうに」
ですから、救急車なんかは「ちゅうちゅうしゃ」になります
もしもパソコンで本当の変換をする時はどうなんだろう・・さすがにそこは標準語からの変換か笑


では、ここまでのおさらいとして長文の例題いってみます?
おさらいなので、濁音や変語尾も入りますよ~

標準語⇒「昨日、勉強しようと思ったけど、急に野球の試合も気になり、結局勉強を止めてしまった。だから、今日勉強しよう」

濁音&変語尾&変換⇒「ちのう、べんちょうしようどおもったんだげど、ちゅうにやちゅうのしあいもちになっで、けっちょくべんちょうやめだっちゃわ、んだから、ちょうべんちょうすっぺは」

凄いですね~平仮名にすると、何かの暗号のような、パスワードのような・・・(゚д゚)
(注)宮城県全てがこんなコテコテのなまりではありません。一部の地域の年配の方です。






それでは、「おさらい」も終了したことで今日はこの辺で。。明日は方言を攻めていきます。

※金曜の夜にこのブログを自宅で書いています。施設用として大丈夫かなぁと不安になりましたが、週末だから良いでしょう。どうぞお楽しみ下さい~

ハーモニカ慰問


今年もハーモニカの慰問にお越し頂いた中村ご夫妻です。
ボランティアはなみずき会を通して昨年もお越し頂きました。
ハーモニカと一緒に懐メロを皆で合唱しました。
001_20161027103336fb6.jpg009_20161027103337fe5.jpg

素晴らしい音色にざおう塾の塾生さんやちびっ子も一緒に合唱しました。
002_20161027104646628.jpg

はなみずきの会を通して、毎回多くの皆さんが慰問を行ってくれます。
次回は、何の慰問でしょう・・・?入居者さんも楽しみにお待ちしています。

避難訓練

10月25日に避難訓練(火災)を実施。春・秋と年2回実施しています。
山田リーダーは防災士でもあり防火管理者でもある為、予め消防計画を作成し消防署との打ち合わせを行っています。
消防署より避難基準があり、当施設の規模だと13分以内に全員避難できないと規程基準をクリアできないとの事です。今回は、3分50秒で無事避難誘導を終えました。
008_201610251932208fb.jpg

避難訓練ですが予め訓練である旨を入居者さんへ伝えています。高齢者、特に認知症のある方などは報知器のベルや職員の慌しさに、ビックリしたり興奮するためです。
004_20161025193221ce8.jpg005_20161025193223832.jpg

消火器の使い方訓練。昔は練習用でも粉が出るタイプでしたが、後始末が大変なので、今は水消火器を使用します(本物は粉タイプです)
消火器は、容量も大小ありますが、一般的なタイプは3~5メートルの範囲で約15秒噴射するそうです。消防士から説明を受けた後、各職員消火訓練を実施。
009_20161025193224613.jpg010_20161025193226c2f.jpg

夜には、実際の火事を想定して緊急連絡網を使用し、職員から次の職員へと電話を回し時間計測を行いました。今は素晴らしいシステムがあり、火災時には火災通報電話から、登録してある職員の携帯電話に自動音声で火災通報をしてくれるので助かります。

認知症予防カフェ 第5回目

  松﨑課長より報告で~す。。

1021()に第5回認知症予防カフェを開催しました。

地域から20名の皆様が集まってくださり、賑やかで楽しいカフェでした!


いつものようにウェルカムミュージックで地域の皆様をお出迎え。今回は、山田みづほ先生率いるフルートトリオ♪いつものように、美しい音色にうっとり。。。)

IMG_8854.jpg

続いて、地域の有志の方による得意技のご披露(^^)
本格的なマジックショーでした!! 隣で見ていても、「あれ?今どうなったの?」と思うような、不思議な世界。地域の皆さんも大いに盛り上がりました!
IMG_8865.jpg

すっかり場も和んだところで、医療法人社団リラの会より認知症看護認定看護師の東海林美和子さん登場。『高齢化について』と『認知症の方の気持ち』という二つのテーマでお話頂きました。
特に、『認知症の方の気持ち』については、グループワークに挑戦。「もしも朝の9時に『バスもう出てしまうよ。何で来ないの?』と全く身に憶えのない電話がかかってきたらどう思いますか?」という問いかけに、「お腹が痛いから行けなくなったのって言おうかな」「あらぁ、忘れてしまったんだなぁと残念に思う、がっかりする」「でも皆に言われたら恥ずかしいから『忘れた』って言えない」と次々に意見が出ました。これこそ、認知症の方の日々のお気持ち。そのことを実感する事ができました。
続けて、39歳で若年性認知症を発症された丹野智文さんのメッセージと共に、認知症になっても人の役に立ちたい、家族を守りたい、家族に感謝しているという、認知症当事者の気持ちが紹介されました。
認知症の方は、ケアをする人からすると困ることもしてしまいます。そんな時、どんな気持ちでそうしているのか、本当はどう思っているのかを知ると接し方はまったく違ってきます。自宅で介護をする方もおられるので、今回のテーマは皆さんに直接響くものがあったようです。
DSC02570.jpg



さて、次回の認知症予防カフェは、

1118() 14001530

同じく刈田嶺神社の社務所をお借りして開催します。トロンボーン奏者による演歌や、民生委員さんの三味線で民謡を歌うという楽しいプログラムもご用意しています。

地域の住民さん、福祉関係の皆様、多くの方のお越しをお待ちしています。

産業まつり

今日は地域情報をお伝えします。
10月22日・23日と蔵王町ございんホール前にて「第13回蔵王町産業まつり」が開催されました。
産業まつりとは、地元の地場産の飲食や縁日コーナーを設け、生活・雑貨コーナー、農機具やクラシックカーの展示、行政相談コーナー、ショーなどでは、県警音楽隊やアマチュアバンド、フラダンス、武将隊演武、YOSAKOI演舞などなど、盛り沢山のイベントが行われる祭りです。
今回は、特別出店で長野県や秋田県からも出店していました。
と言う事で、今回は35店舗位出店していました。。

考えると蔵王町は、常に何かしらのイベントをやっている様な印象が強いです。いわゆる「祭りごと」が好きな地域かも知れません

二日間とも朝9:30からオープンですが、朝から道路はもの凄く渋滞です
普段もこの時期は紅葉シーズンの為、道路は土日渋滞になりやすい・・・
001_20161023134513eeb.jpg015_20161023134514468.jpg

好きな人にはたまらないかも?!
004_20161023134515f76.jpg

蔵王町は、豆腐店も多いですね。おからドーナツも有名ですよ
011_201610231345170a1.jpg

ざおう様も活躍100円でサイコロを振り、出た目の数だけ梨や卵がゲットできるそうです。
010_2016102313455214b.jpg

ステージ上では、次から次へと色々なショーが開催されました。
016_2016102313455332e.jpg



蔵王町は、真田家ゆかりの郷です。大河ドラマ「真田丸」もクライマックスに近づいていますね。私は、根っからの大河ドラマファンです。特に戦国物は面白いですね。つい最近も真田丸ブームにあやかり大阪城まで行ってきました。

<プチ情報>
なぜ蔵王町は真田家ゆかりの土地なのか?
戦国時代の武将「真田幸村」はご存じの通り。大阪落城と共に滅んだと言われていた子女5人は白石城主「片倉重綱」によって養育されていました。次男(大八)は片倉守信として伊達家の家臣となり、やがて現在の矢附・曲竹(蔵王町)地区に領土を拝領。仙台真田氏の開祖としてこの地に根付いた。蔵王町には仙台真田氏にまつわる遺構が残されています。
012_201610231345559a5.jpg

発信・発進

昨日は、有本主任と水戸リーダーの掲載が少ないと述べましたが、書き手である私(日下)も殆ど写真がアップされていないと天の声が・・・w( ̄o ̄)w
記事を作成するにあたりどうしても写真を撮る側になるもので。。

今日はブログを作る経緯をお伝えしていきます。

このブログを始める目的や意義としては
①ご家族へ入居者さんの普段の様子をもっと知って頂く。
②今後、入居検討されているご家族への施設案内。
③就職を検討している方へのPR。
この①~③を目的として始めましたが、最近はブロともの皆さん、フォロワーの皆さんなど、多くの県外の方々にも見て頂いています。感謝・感謝です!!


そんな事もあり最近は④として地域情報もお伝えしています。観光と農業のまち、そして福祉のまち蔵王町と言う事で、出来る限り地域の情報を発信していきます。
前にも紹介しましたが、当施設は別荘地(山水苑)の一角にあります。他県から別荘に移住して来た方も多くいます。そんな情報が多く詰まったホームページも作成しました。ブログのリンクにも貼り付けしている「蔵王で福祉のまちづくり」を是非ご覧下さい。
「生きる・働く・暮らす・住まう」をキーワードに詳細が掲載されています。

さて、ここからが本題ですが、私個人として1番発信(発進)していきたい情報は『福祉の素晴らしさ』これに尽きます。世の中には福祉業界の不祥事や虐待等の報道が先行し介護離れ、人材不足が深刻な問題となっています。
介護現場で日々一生懸命働いている人は、全国大勢いるのにあまりクローズアップされない。毎日歯痒いと言うか、もどかしいのです。ですから、ブログを通し少しでも介護職の取組みや頑張っている姿を今後伝えていこうと考えています。前々回の山田リーダーの記事もそうです。彼の目標は「一日一笑」を掲げ入居者さんや職員が毎日笑って暮らせる様に、彼なりに一生懸命努力しているのです。

そして、このブログを通し一人でも多く『福祉っていいなぁ』『介護っていいなぁ』と思ってもらえたら幸いです。
044.jpg

やっちまったな・・・


ウッドデッキに白いゴミの様なものがいっぱい??
写真では確認しにくいのですが、洗濯物いっぱいに付着していました・・・
私は、最初に見たとき家庭でありがちな「ティッシュと一緒に洗濯」バージョンかなぁと思いました。しかし、ティッシュとはまた違った大きさ・・・
そうです、洗濯者にオムツが混入。。。
まぁ乳幼児がいる家庭でも1度は経験あるかも知れませんが、これは、ティッシュより厄介な素材です。ポリマーを使用しているため水をどんどん吸収して衣類にベタベタ付着します。
004_2016102013252185a.jpg005_20161020132522896.jpg

洗濯機を回したのは、小室リーダーで落胆している様子ですが、別に失敗は誰にでもあるので良いじゃないですか。。
しかし、ここからが彼女にとっての悪夢です(;д;)
手前(背中越し)が小室リーダーです。奥(正面)が看護師さん「通称ママ」でこちらも小室さんで同じ苗字。ご察しの通りこの二人親子です。
たまたま私が通りかかった時に、一部始終を見聞きしたのですがママが
「施設長~写真・写真・ブログのネタ」と笑顔で・・・
そうです。ママはフォローするどころか娘を売りました・・・
私は見過ごそうとしましたが、この時に通りすがりの山田リーダーがなぜかカメラを手にしていました。運が良いのか悪いのか、当然ブログの記事となりました。
彼女曰く『もっと良い形でブログにのりたい・・・』と。
大丈夫です。次は女子力UPの為におかし作りした写真でものせますよ。
006_2016102013252370c.jpg

入居者様の皆さんご迷惑をお掛けしました。もちろん衣類はその後再度洗濯し、洗濯機もキレイに清掃致しました。
007_201610201325256cc.jpg

※さてさて最近思ったのですが、9月から始まったこのブログ、小室リーダー・山田リーダーはよく記事や写真を掲載していますが、うちには3リーダーがいます。課長は認知症予防カフェのコーナーで登場していますが、有本主任もあまり掲載されていません。そろそろ有本主任、水戸リーダー出番ですよ。
と言うことで、近いうちに彼等にも記事担当か写真の方で登場してもらいましょう!


記録の必要性

今日は、せせらぎのエースこと山田がお伝えしていきます。

私たち職員は、入居者様の日々の様子をケア記録と言う形で残しています。ケア記録と言っても内容は様々で、普段の様子、体調の変化はもちろん、職員がケアを行った内容、そのケアを行ってどうなったか?等、多方面からの記録を入力する事で、体調不良があった際にいつから様子が変化していたか?記録を遡って知る事ができます。
001_201610181116517b8.jpg

職員が担うのは、生活の一瞬「点」ではなく、連続性「線・面」です。入居者様は、その日その時で様子が刻々と変化し、その前後がどのような様子だったのかを明確にしておかなければなりません。記録とは、入居者様の生活の連続性を担う第一歩となります。
002_20161018111653002.jpg

記録は、二面性を持ち「入居者様の生活の証を記す」「提供者の支援の証を残す」記録を残すと言う事は入居者様の為でもあり、我々職員の為でもあると言う認識があります。又、誰もがそうだと納得できる『客観的』に物事を見る事も大切です。日時、場所、量、回数など、より具体的に誰もが想像できる記録作りをせせらぎのさと蔵王では行っています。記録をもとに、専門職としてチームケアを強化し生活の質(QOL)や技術の向上に繋げていきたいです。
003_20161018111654174.jpg



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』



008_20161018111656121.jpg


※お見苦しい点すみません・・・記事内容はとても素晴らしい事を述べているのですが、最後の写真で飛んでいきました。。久しぶりに山田リーダーに記事を担当して頂きましたが、なぜかオチありの4コマ風になっています。
ブログが始まり約2ヶ月弱、過去の記事で「介護員タカハシ」の拍手総数が1番多い事にジャラシーを感じているのでしょう。でも、山田リーダーが書いた記事が1番アクセス数は多いけど・・・こんな彼でも入居者さんからは、とても人気があるリーダーです。(日下)

ティータイム

何気ないユニットの日常風景ですが、15時前後になると入居者さんがポツポツとユニットへ集まってきます。午後のおやつの時間ですが、入居者さんの都合の良い時間で食べ始まります。
001_20161016154346dda.jpg

写真右端の入居者さん元気ですね~
宮城の今の時期、特に蔵王町は日中でも肌寒いのに、半袖シャツ1枚で過ごしています101歳ですよ!!凄いですね。。本人に聞いても「大丈夫だ寒くねぇ」・・・とのこと。長年このスタイルで生活しているから大したことないのでしょう・・・
002_20161016161023e37.jpg

おやつ時に一緒にティータイムです。飲み物は色々あり、煎茶、ほうじ茶、緑茶、梅昆布茶、コーヒー、ココア、ミルクティー、レモンティー、アップルティー、ポカリなど。入居者さんに聞き取り好きなものを飲んで頂きます。意思疎通が難しい方は、その日のおやつに合った飲み物を提供します。また、入浴後には主にポカリを飲んで頂きます。
どうしても高齢になると水分不足が生じるため、午前や午後数回に分けて声掛けし飲用して頂いています。ご家族からの差し入れ等、ヤクルトも週1回購入している方もいるので、体調も考慮しながら選んで頂いています。
004_20161016154349af8.jpg

研修も色々

先週、当施設職員の喀痰等研修依頼のため名取市にある特養施設(松陽苑)さんにお邪魔してきました。松陽苑さんは昭和41年開設以来、県内に多くの事業所を持つ大きな法人(宮城福祉会)さんです。


喀痰等研修とはどんな研修か?
吸引等は医療行為にあたるため、簡単に言えば、介護士が一定の研修を受け入居者さんの痰吸引や経管栄養の介助ができる様になる研修です。
ところが、この研修が終了するまでの道のりが長いのです・・・
始めに50時間研修を行い、その後筆記試験を受け更に実地研修と入っていきます。その研修先も指導者研修が終了している看護師がいる施設で、実際に経管栄養や吸引を必要としている入居者さんがいる施設でなければ研修することが出来ません。
松陽苑の施設長さんともお話しましたが、ただでさえ福祉業界は待遇面も含め人材不足に頭を悩ませるため、制度そのものが何とかならないかと・・・
001 (6)

あそう整骨院の阿相院長からのお知らせです。
毎週土曜日の午後に当施設に往診に来て頂いています。現在お試しキャンペーンとの事で、初回のみ500円で受ける事ができます。入居者さんにぜひ施術してほしいご家族は、お気軽にお申し出ください(*^_^*)
004 (3)

たこ焼き?!(後編)

昨日の続きです(^-^)/
さてホットプレートから出来上がったものは・・・?
たこ焼きでの様な形ですが、中身はカスタードやチョコレートが入った餡です。私もお邪魔して頂きましたが、イメージとしては大判焼きの様な味です。
016.jpg

ホイップクリームをつけて食べるとこれまた美味でした。普段食が細い入居者さんも積極的に食べたり、もちろん甘いもの好きの入居者さんはおかわりをしていました。
019.jpg021_20161015110948281.jpg

飲み込みが難しい方には、こちらのプリンに小豆餡とホイップクリームをかけ食べて頂きます。ユニットの入居者さん皆が参加することに意義があるため、メインのお菓子や食事が食べられない入居者さんにも職員がアイディアを出して参加して頂いています。
020_20161015110950391.jpg

自力で食べることが困難な方には、職員が介助して食べて頂きます。
入居者さんも「あら、うまいねぇ」と喜ばれていました\(^o^)/
025_20161015110951311.jpg

たこ焼き?!(前編)


先日のどかユニットにて誕生会を実施しました。
今回もユニットで職員&入居者さんと一緒にお菓子づくりを行いお祝いです。
さて、今回は何ができるのでしょう・・・
002_20161015104735464.jpg

入居者さんも出来るところは是非お手伝いしてもらいます。
003_201610151047367de.jpg004_20161015104737ce3.jpg

今回主役の入居者さん。91歳のお誕生日「おめでとうございます!」
015_20161015104739801.jpg

一見たこ焼きの様ですが、中に入っている具が違います。
ユニット内はあま~い匂いでいっぱいです。入居者さんも不思議な顔をしていました。
写真が多いため続きは、明日のブログにてお伝えします。
お楽しみに~ヽ(´∀`)ノ
005_20161015104740c95.jpg

秋・食欲・秋


先日、小室リーダーより「食欲の秋」の紹介ブログがありましたが、まさに毎日美味しいもの尽くめの連続ですo(^▽^)o
こちらのお膳は、14日の昼食に行事食として出たはらこ飯。皆さん喜んで召し上がりました。
004_20161014171708b6c.jpg

料理上手の看護師さん達のお手製料理!!
無花果とても美味しく煮詰めてあります002_2016101417170941f.jpg

下2枚の写真は、タコめしと竹の子や椎茸を使った変わりご飯です。タコめしは生姜の味と香りが効いて絶品でした。毎回美味しいものを作っては、施設へ持ってきてくれます看護師お二人さんが、こんなに料理上手なので、このブログで看護師のレシピコーナーでも作ろうかと最近本気で思っています
003 (3)003_201610141717111e4.jpg

看護師さんへ頼めばお肉の手配もしてくれます。もちろん有料ですが、低価格で豚や牛のお肉を購入する事ができます。
ちなみに下の写真は、チャーシューです。タレまで作って頂けるので、自宅ですぐに食べれます。
001_201610141717137b5.jpg

こんな感じで美味しいものの差し入れが多いので、事務所職員曰く痩せるヒマがありません。
余談ですが、私のせせらぎ入職前の履歴書の写真はまるで別人です。当時の写真は恐ろしく顔が細いです(*゚Q゚*)

里芋まつり♪

あかりユニット小室からの紹介です。

10月9日に蔵王町ございんホールで行われた里芋まつりにお出かけをしてきました。ございんホールでは、年間を通し沢山のイベントがあり多くの人で賑わっています。今回お出かけした入居者さんは、外出の前から「今日は出かけるんだ!」と楽しみにして頂いていました。
蔵王町は、色んな観光場所もあり、以前は足湯にもお出かけしています。
写真①写真②

天気は曇りでしたが、おいしそうな食材や活気に溢れている場所に入居者さんもまた普段と違った表情で「これいいなぁ、あの野菜は今の時期旨いんだ」等昔を思い出しながら職員と一緒に買物を楽しんでいました。
写真③

お出かけのもう一つの楽しみと言えば・・
お土産今回は、おまつりのメイン里芋を買ってきました。丸々として美味しそうですまた、無花果も買いました。。
ほんとに秋は、美味しいものばかりで良いですね
写真④

新記録


今週のボランティア活動です。
いつもの様にはなずきの会さんとざおう塾の塾生さん達がボラ活動に来てくれました。今回は、1階ユニットにて編み物とゲームで楽しまれました。
007_20161014090249307.jpg

こちらのお二人は編み物グループです。「指がうまく動かないんだ・・」と言いながら、とても器用に編んでいます。
008_20161014090250192.jpg009_20161014090251276.jpg

牛乳パックを切ったブロックを高く積み上げていくゲームです。とても集中力が必要です。こちらの入居者さんは、手が震えないように両手を上手く使いながら積み上げていました。
この後28段まで積み上げ最高記録を更新しました
011_20161014090253eb2.jpg

オセロもすごく頭を使うゲームです。私が以前に対戦した時は、白・黒ともに数がピッタリの引き分けに終わりました。。
012_20161014090254a25.jpg

食事の大切さ

入居者さん食事は、毎食ご飯・味噌汁のみ各ユニットで作っています。少しでも家庭的な雰囲気を味わっていただく為に、ご飯の炊ける匂い、味噌の匂いなどを身近に感じてもらいます。
個々の食事形態により主食は常食、軟飯、お粥、ミキサーと4種類作ります。
食事は、入居者さんの生活に於いても楽しみの1つでもあり、毎回食事前にメニューを眺めたり職員にメニューを聞く入居者さんもいます。
008_20161008163424965.jpg009_2016100816342511a.jpg

時には、自分でご飯をよそったり、味噌をといだりする入居者さんもいます。何度かブログで紹介している様に、入居前に自宅で普段行っていた事を継続する事が大切です。
CIMG1850.jpgCIMG1919.jpg

こちらは、ある職員のお弁当です。いつも美味しそうなお弁当を持参してくるので、女子職員に捕まりました・・・(^∇^)
お解りでしょうか?卵焼きがハートマークになっています。
職員の名前は言いません・・・決して山田ではありません。。
004 (2)



「アッ?!」すみません。山田のお弁当でした・・・(*゚ェ゚*)
やっぱり食事は大切ですね!毎日の愛妻弁当を食べる事により、彼もまた仕事を頑張れるのですね。
005 (2)

可愛い娘ちゃんも毎日お仕事応援していますよ!!!
002 (3)

宿直さん


せせらぎのさと蔵王では、色々な職種がありますが、3名の宿直さんが縁の下の力持ちとして、施設の安全と環境整備に努めています。
業務としては、主に外観見回り、清掃業務、電話当番などなど。
緊急時の対応や防火訓練等にも参加し施設の頼もしい宿直さん達です。
001 (6)

3名のうちの1人である大内さんは、スポーツの事なら何でも知っています!!特に野球を語らせたら、プロ、アマ問わず大リーグの事まで教えてくれます。ちなみ大内さんには、レスリング男子元日本代表(ロンドンオリンピック)の方が身内にいますw(゚o゚)w
また、元重量挙げメダリスト三宅氏とも親交があるそうです。。
001 (7)

大内さんから頂いた秋名菊と金木犀です。自宅で農作物や花を育てています。
002 (5)

突然ですが、皆さんこのカエル見たことがありますか?先日施設の玄関先で見つけたのですが、「モリアオカエル」と言うそうです。日本固有の種類で、どこにでも生息しているそうですが、わたしや他の職員も初めてお目にかかりました・・・
002 (3)

食欲の秋ですよ~☆

あかりユニット小室がお伝えしま~す

10月にもなり、食欲の秋です・・・(笑)♪
あかりユニットでは、10月誕生日の入居さんの誕生日会が行われました。
施設としての大きな行事もありますが、各ユニットそれぞれ色んな行事があります。誕生日会は、各入居者さんの担当職員達が内容を考え、入居者さんから食べたい物を聞き、職員&入居者さんで一緒に作ったり時には外出もします。
写真①写真②

本日のメイン「ニジマス」活きのいい様子に入居者さん達も驚いていました。
ニジマスは、美味しくムニエルと塩焼きに!!良い匂いが漂ってきます。お料理してくれる職員は、あかりユニットの料理上手な職員です
写真④CIMG2380.jpg

その他にすいとん汁も作りました。寒い日には良いですね。さつまいもご飯とセットで秋の味覚満載
写真⑤
写真⑥

出来上がりと同時に誕生日会の始まりです。皆でお祝いの歌の後には美味しい食事。10月誕生日の入居者さんは、今年で88歳の米寿となります。職員からの誕生日プレゼント・色紙を受け取り写真撮影(*^_^*)
「お誕生日おめでとうございます!」秋ならではの味覚を皆で食べて楽しい1日となりました。
写真⑦

イベント


連日の地域情報となります。
毎週水曜日にはらから蔵王塾とはなみずきの会の皆さんが、当施設入居者さんにレクやサロン活動を実施しています。以前にブログで紹介しましたが、塾生の皆さんの就労支援として、介護と農業を中心に実践して頂く予定です。

塾生の皆さんが、農業実習として作付けした米が収穫の時期となりました。
10/13に稲刈り体験を兼ねながらオープンキャンパスを実施します。
いっぱいお米がとれると良いですね!!
001 (5)


「削ろう会 蔵王大会」開催。
削ろう会とは、極限まで薄い鉋屑を出すことを中心に、手道具や伝統技術の可能性を追求する会です。大工をはじめとする木造・木工関係の職人のほか、その工具を作る鍛冶、手道具や職人に興味のあるアマチュアが集まって、競い・楽しみながら技術交流をしています
全国大会を蔵王町で来年に開催する事が決定し、それに先立ちプレ大会を今月の23日に開催します。前日は、宮大工として名高い小川三夫氏の講演会もあります。
zaou160515.jpg

小川三夫氏とは

高校の修学旅行で法隆寺五重塔を見たことがきっかけとなり、卒業後法隆寺宮大工の西岡常一の門を叩くが断られる。

仏壇屋などで修行をした後に、22歳で西岡棟梁の唯一の内弟子となる。法林寺三重塔、薬師寺金堂、薬師寺西塔(三重塔)の再建に副棟梁として活躍。

東北こども博

今日のブログは、地域情報をお伝え致します。
昨日家族を連れて毎年仙台大学で行なわれているこども博に出かけて来ました。
毎年スケールアップしており、おもちゃ遊び、スポーツ、アウトドアなどが体験できるイベントや物づくりブースなどが満載です。
開催は、10/9、10/10(10:00~16:00)となります。ちなみに本日13:00よりリオ五輪柔道女子金メダリストの田知本さんのトークショーもあります。まだ間に合う方は、足を運んでみてはいかがでしょうか?
060_20161009130648988.jpg058_201610091306507f2.jpg

キャンパス内や体育館をフルに使用し様々な展示コーナーや体験コーナーがあります。また、人気アニメキャラのステージショーも満載です。
053.jpg051.jpg

体を動かすスポーツコーナーもあります。
054.jpg

ざおうさまも遊びに来ていました(*^_^*)
055_20161009130735051.jpg

自衛隊の車両や消防車など子供が喜ぶ乗り物体験コーナーも!!
045_20161009130737f44.jpg

グルメ屋台、縁日コーナーも美味しい食べ物いっぱいです。はらから福祉会さんも出店していました。
057.jpg

各おもちゃメーカーのブースや昔ながらの手づくり遊びコーナーも人気があります。
064.jpg062_2016100913074137e.jpg

今後も、施設の情報以外にも蔵王町や近隣の地域情報を発信していきたいと思ってます。お楽しみに\(^o^)/

人気アイドル

今日のブログは、あかりユニット小室が担当します☆

あかりユニットには、可愛い二匹の家族がいます。以前ブログにて紹介しましたが、スイカちゃん♪メロンちゃんです。今年の夏から来た可愛い二匹です。職員はもちろん、入居者さん達の癒し的存在の二匹!!
写真①写真②

見ているだけでも楽しい金魚ちゃん達

ここで金魚のマメ知識
なんと金魚も懐く!?我が家の二匹も名前を呼ぶと寄ってきます。エサ目当てに・・・(^∇^) 金魚の世話をお手伝いして頂いている入居者さんが来るとスイカちゃん、メロンちゃんはちゃ~んと寄って来ます。私たち職員より慣れた手つきで、水槽掃除のための引越し作業もお手の物です。面会に来られるご家族さんからも人気のある二匹は、我が家のアイドルです。
写真③

水槽の背景は、職員さんお手製のものです。動物に詳しい職員さん達のアイディア満載になっています。
写真④

皆さんも、ぜひ我が家のアイドルを見て癒されて下さい(^ω^ ≡ ^ω^)
ちなみに三匹目の家族が来た際の名前候補は『ヘチマちゃん』ですが、皆さんから「こんな名前は?」などと、良い名前候補があったら小室までどうぞ♪♪
写真⑤

バイキング

2階ユニットにて、誕生日を兼ねたケーキバイキングをフロア合同で行ったときの写真です。
ユニット単位で行事を行うことが多いのですが、2階ユニットでは、お隣ユニットに普段から遊びに行く入居者さんもいる為、この日は合同で実施しました。
食に関する行事でも色々と実施してきました。去年は、炭でサンマを焼いたり、バーベキューもやりました。
CIMG2326.jpgCIMG2327.jpgCIMG2328_20161004152545559.jpg

入居者さんに好きな飲み物、ケーキを選んで頂きましたが、皆さん何が良いか迷うところです。
CIMG2354.jpg

それぞれ79歳、86歳を迎えられた入居者さん。
毎日元気に生活していますv(o゚∀゚o)v
CIMG2364.jpgCIMG2368.jpg
頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

OKさんたろうさん

 

OKさんたろうさん

 

TYPE MM04さん

 

まーさん
リンク