プロフィール

芽吹

Author:芽吹
特別養護老人ホーム
せせらぎのさと蔵王ブログ

ちょっと変わった特養での出来事を発信します。
気になるカテゴリからご覧下さい。たまにジャンルを変えて「施設長の呟き」も掲載していきます。
リンクはご自由にどうぞ!

訪問者数
ごゆっくりどうぞ
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

散歩

先日ボランティアの皆さんと近くまで散歩しました。
この日は曇り空でしたが、風もなく暖かい1日でした。
DSC04652.jpg

冬場は施設内での移動が多い為、こんなに長い距離を歩きません。
多少お疲れの様子ですが、休憩しながら苑内を散歩しました。
DSC04663.jpg

随分遠い距離を歩きました。今年は、花見するタイミングが合わなかったので、苑内の桜を見る事が出来て良かったです。
DSC04660.jpg

畑の準備もOK!今年は何を育てましょうか・・・
013_201804111645319f3.jpg

春ですよ

暖かくなりこの時期は良いですね~次々と花が咲き始める時期です。(と言うか週末は異様な暑さでしたね)下の写真2枚は、自宅で取ってきた水仙とチューリップです。花があるだけで施設内の雰囲気もだいぶ変わります。入居者さんへ手渡すと喜んで花瓶に活けてくれます。
003 (2)001 (2)

でも、施設内は温度が高すぎます・・・
チューリップも花が開き過ぎて、もはや違う品種みたいです(笑)
002 (2)

施設花壇にあるチューリップは、開花までもう少しでしたが、週末の暑さでだいぶ花が開きましたよ。
002_20180418165743185.jpg003_2018041816574539b.jpg

バラも良い感じで芽が出ています。バラは他にももっとありますが、雑草が多いのでこの1枚のみ。
今年も、雑草&害虫と戦う日々が待っている私です・・・
001_2018041816574631c.jpg

認証制度パスしました。

当施設も取組宣言認証制度を受ける事ができました。
突然、??となりますが、この制度は簡単に説明すると介護人材の参入を促すために、人材育成や働きやすさの取組を公表する制度、すなわち見える化にする制度になります。
認証されると県のホームページに掲載されます。

宣言、認証されるためには、下記の様な条件をクリアしなければなりません。情報公表の確認(訪問)の際にチェックされます。

こちらは従来からある共通項目になります。
  1. 従業者の健康診断の実施状況
  2. 事業所で実施している,従業者の資質向上に向けた研修内容・実施状況
  3. 新任職員向け研修計画の策定(新任職員有の場合)
  4. 新任職員向け研修の実施記録がある(新任職員有の場合)
  5. 全ての現任の従業者向け研修計画の策定
  6. 全ての現任の従業者向け研修の実施記録がある

こちらは宮城県独自項目になります。
  1. 理念・ビジョンの明文化
  2. 職員が理念・ビジョンについて理解を深めるための取組の実施
  3. 職員の就業状況や意向を定期的に確認する仕組の存在
  4. 給与体系又は給与表を導入し,職員に周知
  5. 就業規則の作成及び周知(正規・非正規)
  6. 仕事と育児・介護の両立を支援する取組の実施
  7. 新任職員向け研修計画の策定【再掲】
上の項目全て達成できている事業所が宣言できて、認証を受けることができる制度になります。

通知書も届きますが、事業所掲示用として写真のものが送付されてきました。せせらぎのさとは、いつも山田くんの様なおふざけのイメージが強い様ですが、当施設はきちんとお仕事はしていますよ(^∇^)
もちろん楽しく笑いありで日々やっていますが・・・

※ちなみに前年度も有給取得率が9割を超えました(よし!!←独り言です)
001_2018040715542509a.jpg002_20180407155427d98.jpg

障がいについて

4月より障害者雇用促進法が改正せれました。今回からは精神障がい者も含め、雇用率はそれぞれ企業2.2%、国や地方自治体2.5%になりこれまでより0.2%アップしました。基準を満たさない企業は、納付金を支払う事になっていますが、一昔前は『障がい者を雇うくらいなら納付金を払ったほうが良い』なんて企業もありました。今こんな事を言ったら大変な事になりますね・・・昔は、高齢者施設や障がい者施設を作るときに、偏見を持った方々から汚い、怖いなどを理由に山の中に造れ!など厳しい声もありました。

障がい者の方たちも、どんどん社会で活躍して欲しいですが課題もあります。精神障がい者の場合、平均勤続年数は4.3年で、他の障がい者例えば身体が10年、知的が7.9年より短くなります。そううつ病や統合失調症などの精神疾患では症状の個人差や体調の波が大きく、薬の副作用で長時間労働するのが難しい人もいます。

さて、障がい者と言えば障がい者手帳を所持し、福祉サービスを受けている人もいます。しかし、食事や排泄、買い物など日常生活に不自由さを感じながら障がい者手帳を持っていない潜在的な障がい者2016年12月時点で推計137万人以上います。そして、手帳があれば利用できる福祉サービスを希望していながら使用出来ていない人が25万人もいます。理由としては、高齢障がい者が増加し、日常生活が困難になる一方、手帳制度そのものや取得手続きが分からないどの原因があります。
確かに制度は自ら若しくは家族が情報を収集し、アクションを起さないといけないのが現状です。
しかし、孤立化が進む一方で各自治体の民生員による訪問などもありますが、全てをカバーする事ができません。やはり、住民主体の地域ネットワークが急務だと思っています。



そうそう、障がい施設と言えばうちの施設でもお世話になっているはらから福祉会があります。以前に当ブログでも紹介したはらからの豆腐、マツコの知らない世界でも紹介されましたね、凄い美味しいですよ~!その時に出演された豆腐マイスターの工藤さんをお呼びしてトークショーを開催する様です。先日、はらから福祉会理事長さんよりチラシを頂いたので、紹介までに(^-^)/
興味がある方は、是非行って下さい!私は残念ながらその日仕事です(T_T)
豆腐 

介護保険料②

先日介護保険料についてお話しましたが、今回は2025年に高齢者が支払う介護保険料についてお話します。よく2025年問題とニュース等で見聞きしますが、これは団塊の世代が全員75歳以上になって社会保障費が急増する事を指しています。

今回のデータは、都道府県庁所在地と政令指定都市の調査になります。なんと、高齢者の支払う介護保険料は、2025年になると調査対象地区の4分の3以上が月8,000円以上に上昇すると推計が出ています。ちなみに2015年~2017年度の全国平均は、5,514円ですがそれより3千円ほど高くなる計算です。つまり年間の保険料は、10万円程度になる計算です。
最も高い市区では大阪市の10,200円、次いで那覇市が9,869円となります。(注意:これは決定事項ではありません、現段階のまま推移していった場合のデータです)

2025年度以降、介護保険制度の維持に向け必要な対応としては、『介護職員の賃金の引き上げ』『現在1~2割の利用者負担の引き上げ』『保険料負担対象を40歳未満に拡大』などの声が挙げられています。
例えば、処遇改善加算などを引き上げて賃金アップを考えても、介護報酬そのものを下げれば本末転倒です。40歳未満の負担なども私が前々から言っている事ですが・・・
後期高齢者医療制度もありますが、患者の窓口負担を原則1割から2割に引き上げる事はやむを得ないとも言われています。

これまで何度もブログで言っていますが、将来こんな不安要素ばかりの中、今現在財布の紐を緩めて国民は消費に走ると思いますか?専ら将来の不安に備えて蓄える方に走るのでは?

法人税を下げる⇒給料が高くなる⇒消費する=消費税をアップする・・・このシステム上手くいっているのでしょうか?

兄妹愛

こちらの絵は、入居者さんのお兄さんが描いてご本人に届けてくれました。
入居者さん(さだ子さん)のお兄さんはなんと93歳です。絵を描くのが趣味らしく色んな絵を描いては身内に配っているそうです。カレンダーの裏に絵を描いて額縁に入れてあるのが何とも味があって良いですね。

※ご家族より名前が載っても構わないとの事で、修正せずに実名でアップしています。
003 (2)

そのモデルになっているのが、こちらのさだ子さんになります。10人兄妹で育ちお姉さんにおんぶされていた頃を想い出し、お兄さんが絵を描いてくれました。『坊やよい子だねんねしな』日本昔話ぽくて良い感じですが、さだ子さんは女性です\(//∇//)\
まぁお兄さんの愛嬌という事で…
CIMG2662.jpg

介護保険料

当施設は介護保険施設なので、たまにはそれらしい記事でも書きましょう(^∇^)

介護保険は毎年度改定されますが、40歳以上の方で自分は毎月どれくらい納めているか分かりますか?2018年度は、40~64歳の会社員や公務員の方が負担する介護保険料は、1人当たり平均月5,723円です。前年比で81円増となっています(注意:労使折半です)
国民健康保険に加入している方は、平均5,659円前年比103円増になっています。
いずれも制度開始以来、過去最高になっています。要因は、言うまでもありませんが、高齢化の進行に伴いサービス利用の需要が高まっているからです。
※実際の保険料は、会社員などは健康保険組合などが料率を決めて徴収するため、給与水準によって異なります。


一方、65歳以上の保険料は、市区町村や広域連合ごと4月分から見直されます。2018~2020年度の全国平均は、そろそろ発表される予定ですが、月6,000円前後になると言われています。

介護の費用は、利用者の自己負担分を除き、保険料と税金で半分ずつ賄っています。2018~2020年度は40~64歳の保険料で給付費の27%、65歳以上で23%を負担します。

これは私の意見ですが、恐らく今後自己負担分や財政的にも限界があります。今は40歳から保険料を納めていますが、近い将来30歳や20歳から納める時が来るのでは・・・



宮城県の桜はこんな感じでした(一週間前に撮影)
天候にも大きく左右されて今年はパッとしないんですよ(T_T)
003_201804151641083b2.jpg 
頂きもの
ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

ぴょん吉さん

 

清水結衣さん

 

りきゅうさん

 

りきゅうさん

 

ponchさん

 

ponchさん

 

虹きゅーぶさん

 

虹きゅーぶさん